テスラ、従業員の新規採用とレイオフを調整し、オペレーションを最適化

tesla-logo-gray TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、従業員の採用や解雇、賃金の大きさをコントロールすることで、経営の合理化を図っています。米国の経済が不安定な状況下で、テスラはキャッシュフローをプラスに保つために必要な措置を講じる必要があります。

tesla-model-3-white-00

テスラのイーロン・マスクCEOは土曜日にツイッターで、同社の総人員は今後12カ月間にわたって増加すると述べました。また、加えて給与所得者の数は「ほぼ横ばい」になると述べました。これは極めて論理的なことで、同社はドイツ・ベルリンと米国テキサスに2つの新しい工場を開設し、できるだけ早く生産性を上げようとしているので、数千人の新しい従業員が必要になるのは当然のことなのです。

今後12ヶ月の間にテスラの従業員数は増加しますよね?

総人員は増えるが、サラリーマンはほぼ横ばいです。

テスラが従業員数を10%削減するという憶測は、マスク氏が同社の従業員に送った歪んだ(偶然か故意か)解釈の電子メールに起因しています。メールには、一部の従業員が余剰人員となるという情報は含まれていましたが、会社全体の人数が増えることは非常に明確な内容でした。

マスクCEOは、「過剰人員」となっている部分の人員削減を行うと書いています。明らかに、テスラには今日明確な優先順位があり、現時点で利益をもたらさない業務はサポートしたくないということです。

マスクCEOは、この削減が自動車やバッテリーの生産など、製造に従事している労働者には影響しないことを強調しました。また、太陽光発電を設置する人たちにも影響しません。テスラのCEOは、同社の時間給の人員は増加するとはっきり書き、その発言を後にツイッターで公にしました。

テスラは、多くの分野で人員が過剰になっているため、給与所得者の人数を10%削減する予定です。
ただし、これは実際に自動車やバッテリーパックを製造したり、太陽光発電を設置したりする人には適用されません。
時間給の従業員数は増加する予定です。

イーロン

様々な有名メディアのジャーナリストは、扇動的な見出しを作って情報操作を続けていますが、現実は全く違うのです。テスラ社の適時最適化は、テスラが一定の方向性で質的な発展を続け、不要なところに支出せずにキャッシュフローをプラスに維持するための、非常に重要なステップなのです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました