イーロン・マスク、テスラのレイオフは月給社員だけで、時間給従業員は引き続き雇用すると明言

giga-berlin-elon-model-y TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

イーロン・マスクCEOは、テスラが従業員の10%を削減する対象は「給与所得者」のみに適用され、時間給労働者の雇用は継続することを明らかにしました。

先日、イーロン・マスクCEOがテスラ幹部に対し、経済について「超悪感情」を抱いているため、従業員の10%を削減し、世界中で新規採用を一時停止する必要があるとメールで伝えたことをお伝えしました。

そして今回、マスクCEOは全従業員へのメールでテスラのレイオフについて明らかにすることにしたようです。

マスク氏は、10%の人員削減は「サラリーマン」(月給社員)だけに適用されることを明らかにしました。

「テスラは、多くの分野で人員が過剰になっているため、給与所得者の人数を10%削減する予定です。」

テスラは、サービスや販売員、工場作業員、太陽光発電や家庭用バッテリーパックの設置作業員などを中心とする時間給従業員は引き続き雇用する予定です。

マスクCEOは電子メールで以下のように付け加えました。

「注意:これは、実際に自動車やバッテリーパックを製造したり、太陽光発電を設置したりする人には適用されません。時給で働く従業員数は今後も増加します。」

テスラは現在、全世界で10万人以上の従業員を抱えており、レイオフ発表前には5,000人以上の空きポジションがありました。募集職種の多くは、テスラの成長中の工場、特にギガファクトリー・ベルリンとテキサスで行われています。

以下、マスクCEOのメール全文を紹介します。

人員削減について

テスラは、多くの分野で人員過剰となっているため、給与所得者の人数を10%削減する予定です。
ただし、これは実際に自動車やバッテリーパックを製造したり、太陽光発電を設置したりする人には適用されません。時間給の従業員数は増加します。

Elon
tesla-logo-gray

この新しいメールは、私たちが議論したこと、特にテスラがパンデミックの間に多くの人を雇ったこと、そしてそれが今いくつかの問題を生み出していることとより合致しています。

まず、文字通り、すべての人をオフィスでサポートすることはできません。それが、マスクCEOがリモートワークの停止を発表した理由かもしれません。そのため、マスク氏はリモートワークの停止を発表したのでしょう。これにより、レイオフが容易になります。

第二に、1年間で15,000〜20,000人を採用すると、どうしても非効率になり、バランスをとるためにレイオフが発生しますので、このような大量採用に伴う調整過程は通常ありえないことではありません。

もちろん、マスク氏は幹部に対して「経済が心配だ」とも述べており、そのために今朝のTSLAの株価は8%以上下落しました。彼は、リークされることがわかっていた全社員向けのメールでは、そのことには触れませんでした。

その代わりに、彼はテスラが「多くの分野で人員過剰」であることが原因だと言っています。上で述べたように、それはおそらく真実でしょうが、両方が同時に真実であることもあり得ます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました