テスラの安全性最優先の卓越したクルマづくり

tesla-safty-score01 TESLA News
https://youtu.be/8LCRx8rc1Nc
スポンサーリンク

どんなに近代的で、ハイテクで、美しい車でも、その最大のポイントは安全性の確保にあります。安全性は最も重要な基準の一つであり、それが消費者がテスラを選ぶ理由になっているです。このメーカーは、安全性を設計の最優先事項として、卓越した自動車を製造しています。

すべてのクルマが同じようなセキュリティシステムを備えているわけではないので、本当に安全なクルマをお探しなら、テスラのクルマに特別な注意を払うべきでしょう。テスラには他のメーカーとは異なり、充実した安全装備がすべての車に標準装備されています。テスラは「2021年インパクトレポート」で、車を設計する際、まず安全性を確保することを強調しています。

テスラは、最高レベルの真の安全性を備えた車両を設計・製造するだけでなく、運転者の安全運転を支援する取り組みも行っています。テスラ保険プログラムを通じて、ユーザーにリアルタイムでフィードバックを提供し、月々の保険料の引き下げなど、より安全な運転を促すことで、これを実現しています。

このプログラムに参加することを選択したユーザーには、ベータ版のセキュリティ評価が提供されます。このスコアは運転スタイルによって変化し、保険料もそれに伴って変化します。ドライバーの保険料は、人口統計情報(性別、年齢、学歴、配偶者の有無)や金融履歴(クレジットスコア)を基に決定するのではなく、メーカーのアルゴリズムにより、ドライバーの実際の行動に基づいて「セーフティー・スコア」を算出します。

テスラが監視する行動
  • 前方衝突警告
  • 急ブレーキ
  • 強引な旋回
  • 安全でない追従(テールゲーティング)
  • オートパイロットの強制的な解除

同社が収集したデータによると、セーフティースコア・β版をオンにしたお客様では、衝突事故率が低下していることが示されています。車のセーフティースコアが上がると、1マイルあたりの衝突事故件数が減り、保険料が下がります。このように、セーフティースコアは、ユーザーに安全運転を促すインセンティブを与えているのです。

2016年10月以降に発売されたテスラの全車両に、外部カメラ、追加センサー、オンボードコンピューティングが搭載され、自動緊急ブレーキ、車線逸脱警告、前方および側方衝突警告、障害物対応加速、死角警告などの先進安全機能を実現しているのは、安全に対する同社の取り組みによるものですが、これらはソフトウェアアップデートにより長期にわたって改良が続けられています。最近では、常識を超えたアクティブセーフティ機能を導入しています。

信号機・一時停止表示

ドライバーが赤信号や一時停止の標識に気づかない場合、テスラ車はその車の速度が速すぎることに気づきます。8つのカメラを搭載したテスラは、自車両の走行軌跡に応じた信号機や一時停止標識を認識することができます。大音量で警告を発し、ドライバーに注意を促します。

ペダル誤操作緩和(不用意なアクセルペダル踏み込み)

駐車場に入るときなど、ブレーキを踏むべき場面でアクセルを踏んでしまうことは、どんなクルマに乗っていてもよくあることです。しかし、テスラでは、カメラで前方の物体を認識すると、「ペダル誤操作低減システム」が電気モーターのトルクをカットし、アクセルを強く踏み込んだ場合の衝突を防止します。テスラはこの技術により、毎月数百件の衝突を防止・軽減しているとしています。

車線逸脱・出会い頭衝突のアクティブアボイダンス

ドライバーが車線変更中に死角の車両が同じ車線に進入した場合、またはテスラ車がウインカーなしに車線を逸脱し始めた場合、警告音を発し、衝突を避けるためにステアリングをアシストします。

すべてのアクティブセーフティシステムが同じように作られているわけではないことを、すべてのドライバーは知っておく必要があります。多くの人が、新車のほとんどに搭載されているAEB(自動緊急ブレーキ)は、どのクルマでも同じように機能すると思っているようです。しかし、そうではありません。センサーの種類、演算能力、ソフトウェアの品質が大きく異なるからです。テスラのアクティブセーフティ機能は、8台のカメラ、ニューラルネット・コンピューター、そして200万台以上の車両から得た学習によって支えられています。

テスラビジョン(レーダーを排除したカメラ映像によるシステム)の導入後、米国道路安全保険協会(IIHS)での同社のアクティブセーフティの評価は向上しました。そのテスラビジョンの歩行者AEB性能は、ビジョン+レーダーの性能より45%以上優れていたとのことです。

Credit:Tesla

テスラ車は安全を最重要視して設計されており、オートパイロットを作動させると安全性が高まります。2021年、テスラは、ドライバーがオートパイロット技術(オートステアリングとアクティブセーフティ機能)を使用していた場合、走行距離100万マイルにつき0.22件の衝突事故を記録しました。

これに対してオートパイロット技術を使用していないドライバー(オートステアリングとアクティブセーフティ機能を使用していない)の場合、走行距離100万マイルごとに0.77件の衝突を記録しました。

ちなみに、 米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)の最新データでは、米国では100万マイル走行ごとに1.81件の自動車事故が発生しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました