テスラFSDベータの新しいビジュアライゼーション:新しい車種、開くドア、方向指示器など

open-door TESLA News
WholeMarsBlog/Twitter
スポンサーリンク

テスラのFSDベータ10.12の最初の兆候は、昨日、テスラの従業員が内部ベータを受け取り始めたことにより、ついに表面化した。

内部ベータは当初、2022.12.3.10というバージョンでしたが、Teslaはすでにバージョン2022.12.3.15(FSDベータ10.12.1)というアップデートを発行しているようです。

これが一般テスターにロールアウトされる正確なバージョンになるのか、それとも追加のアップデートが行われるのかは、まだ明らかではありません。

Teslaは、大きな問題が見つかれば、外部テスターにアップデートを展開する前に修正したいと考えるだろう。

新しい車種

WholeMarsBlog/Twitter

FSDベータ10.12では、ほぼすべての車種に新しい車両モデルを導入しています。

一部の車両は完全に再設計され、以前のモデルよりも詳細でリアルな外観になっています。

例えば、セダンの場合、以前のモデルSのキーフォブのような単純な外観から、ホイール、窓、ガラス屋根が追加されています。

新しいブレーキランプ

ブレーキランプはベータ9.0の時点ですでに表示されていましたが、テスラでは1986年から米国で義務付けられている第3のブレーキランプも表示されるようになりました。

開いたドア

WholeMarsBlog/Twitter

FSDベータ版では、以前からドアが開いている車両を検知して停止したり、回り込んだりすることができましたが、今回のバージョンでは、ビジュアライゼーションでドアが開いていることを表示するようになりました。

周囲の車両のドアが開いていると、3Dモデルにもドアが開いていることが表示され、オレンジ色でハイライトされます。

方向指示器

イーロン・マスクCEOは2021年の夏に、テスラは将来的に車両の方向指示器やハンドジェスチャーなどを検知して反応するようになると述べています。

今回のリリースで、FSDベータはブレーキランプに加え、ターンシグナルを検知して可視化するようになりました。この機能の写真はまだありませんが、ターンサインもブレーキランプと同様に表示されると予想されます。

また、検知した方向指示器にも反応するとされており、他車の意図の把握にも役立つと思われます。

二歩進んで一歩下がる

これまでFSDベータ版の最後のメジャーリリースはバージョン10.11で、2ヶ月以上前に公開されました。テスラはしばらく前からベータ版バージョン10.12に取り組んでおり、イーロン・マスク氏によれば、このアップデートに含まれる変更は膨大なものだということです。

マスク氏は、このベータ版の大幅な変更のため、2歩進んで1歩下がることが予想されると述べています。

これは大変なことです。2歩進んで1歩下がるような状況になることが予想されます。そのため、10.12.2または10.13でより広いベータ版をリリースする予定です。
イーロン・マスク

問題点もあるでしょうし、状況によってはFSDの機能が後退しているように見える可能性もあります。

テスラは、このリリースのマイナーリビジョンで発生した問題を修正する予定です。今後数週間のうちに、10.12.1や10.12.2といったFSDベータ10.12の追加リリースが行われる予定です。

現在のベータテスター

他の最近のベータ版で見られたように、現在のベータテスター全員がこの最新のベータ版を受け取るまで、しばらく時間がかかるかもしれません。

ベータ10.11では、大多数のテスターがベータを受け取るまでに2回のリビジョンを経験しました。今回のアップデートでも、変更点の多さから、同じような状況になるかもしれません。つなり、もしあなたが現在のベータテスターなら、この更新された FSD ベータを受け取るまで、2 週間ほど待つことになるかもしれません。

ベータテスターの追加

2021年後半以降、米国ではテスラがベータテスターを追加する気配はありません。

しかしながら、イーロン・マスク氏は以前、テスラがベータ版にオプトインし、セーフティスコアが95以上のテスターを、ベータ10.12の後のリビジョンでさらに追加できるようにしたい、と述べています。

さらに、今年の年末までに現在の10万人から100万人に増やす、と公表しています。

FSDベータ10.12 のリリースノート

FSDベータ10.12のテクニカル・リリースノートがありますが、Redditユーザーのasimo3089さんがリリースノートを見事に解釈して、このアップデートでテスラが何を改善したかをよりよく理解できるようにしてくれています。

  1. あなたの車は、何が運転可能なスペースで、何がそうでないかをよりよく理解します。これにより、簡単な場面ではより自信を持ち、トリッキーな場面ではより能力を発揮することができます。また、左折時に中央分離帯を利用できるようになり、より素早く加速して曲がることができるようになりました。
  2. カメラの視界を遮る物体を認識しやすくなりました。クリープ走行が怖くなくなりました。
  3. 道路上の他の人がどこにいるのかの経路予測を改善しました。これにより、曲がるときの判断がしやすくなりました。
  4. 車があるべきでない場所にいることを発見した場合、車はよりスムーズに安全な場所まで自走します。
  5. 新しいデータにより、あなたのクルマは道路上の車線とその数をより正確に把握できるようになります。これによって、曲がるときの安心感や進路計画が向上します。
  6. 車線の見え方に関する18万もの新しいクリップを、あなたのクルマに学習させることができます。
  7. 黄信号の場面でパニックブレーキを起こす可能性が低くなり、交差点を通過する際の車線誘導の理解も深まります。
  8. 道路の端や道路の線がより正確になりました。
  9. 3万本のトレーニングデータにより、カメラからの視認性が向上しました。
  10. 二輪車、歩行者、自転車の速度が、より正確になりました。さらに、歩行者の歩行方向をより正確に予測するようになりました。
  11. 41,000クリップの学習データにより、駐車中の車とアイドリング中の車を混同することが少なくなりました。これにより、「ファントムブレーキ」や「変な車線変更」が少なくなるはずです。
  12. 遠くにあるものをよりよく理解できるようになりました。
  13. ドアが開いているクルマの周辺でも、より適切な進路を予測できるようになりました。
  14. 歩行者や自転車以外の物体も、より正確に速度を予測するようになりました。
  15. 隣の車線に移るときは、もっと先の車速を見ます。前方で誰かがブレーキを踏んでいても、より快適に対処できるようになります。
  16. 今までのクルマは、隣接して移動する物体の加速度(速度ではない)だけを予測していました。現在では、あなたの進路を横切って加速している物体を含む、すべての移動体の加速度を予測します。
  17. 画面に表示されるクルマの新しい3Dモデル。ドアを開けた状態のクルマも表示されます。
  18. テスラは、いくつかの古いシステムを引退し、カメラごとに、毎秒2フレームを獲得し、その結果、自動運転中のパフォーマンスが向上しました。

テスラのFSDベータ10.12は、現在、従業員のみが利用可能ですが、我々は、一般テスターを含む次の数日でより広いリリースを見ることができるかもしれません。

しかし、現在のすべてのテスターがこのアップデートを受け取るまでには、数週間かかる可能性があります。このベータ版の詳細については、今後数日のうちに必ず明らかになります。ご期待ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました