イーロン・マスク、2030年までにテスラ車の年間生産台数2,000万台を目指す

elon-musk-ft-01 TESLA News
https://youtu.be/VfyrQVhfGZc
スポンサーリンク

テスラCEOのイーロン・マスク氏は、フィナンシャル・タイムズとの最近のインタビューで、2030年までに年間2000万台の電気自動車を生産するというテスラの目標達成に向けた考えを述べました。ピーター・キャンベル氏は、イーロン・マスクCEOに、2030年までに年間2000万台のEVを製造するために、どのようなビジネスを展開するのかを尋ねました。テスラの新製品を発表する場ではないことを指摘した後、イーロン・マスク氏は以下のように語りました。

「「2030年までに2,000万台」というのは、約束ではなく「志」です。このような目標を掲げる理由は、世界には約20億台の自動車とトラックがありますが、持続可能なエネルギーと電化に本当に貢献するためには、少なくとも年間1%の車両を電動に交換しなければ意味がないと思うからです。2,000万台という数字はそこからきているのです。」

イーロン・マスク氏はこのテスラの目標が「願望」であることを強調しましたが、テスラはこれまでこの目標に向かって取り組んできており、つい最近も2つの新しいギガファクトリーをオープンしました。

テスラの2021年の年次株主総会で、テスラのロビン・デンホルム取締役会会長はこの目標について語りました。彼女は、テスラが2030年までに年間2000万台のEVを販売するという目標に至るために、2021年累計で80万台以上の車両を納入し、上海で新しい生産ラインを開始し、その他のマイルストーンを達成した前年を振り返りました。

https://youtu.be/VfyrQVhfGZc

「テスラでは、持続可能なエネルギーへの移行を加速するというミッションに関連するすべての指標において、最高であることを目指します。私たちのインパクトを最大化するために、私たちは生産量と製品へのアクセス性を継続的に向上させる計画です。具体的には、2030年までに電気自動車を年間2000万台(2020年は50万台)販売し、エネルギー貯蔵を年間1500GWh(2020年は3GWh)導入することを目標としています。」

また、テスラがEVの認識を変え、EVの未来の確実性を固めるのに役立っているというロビン・デンホルム氏の言葉も、もう一度見直してみることが大切だと思います。

「持続可能なエネルギーへの世界の移行を加速させるという使命は、私たちの活動の中心であり続けています。この12ヶ月間、テスラは電気自動車に対する社会の認識を変えることに貢献し続けました。少し前までは、多くの人がまだEVの未来に疑問を抱いていたのです。今日では、もはやそのようなことはないと言えるでしょう。」

「持続可能な交通手段への移行、そして交通産業が電気自動車に変わりつつあることは間違いありません。世界中の多くの場所で、多くのテスラを見ずに通りを走ることはできません。私にとって、これは信じられないほど誇らしいことであり、私たちの進歩の証しでもあります。」

「これまでの業績は、多くの一般的な期待を上回るものでしたが、私たちは、これから始まる長い旅の始まりに過ぎないと考えています。今年のインパクトレポートで開示したように、2030年までに、年間2000万台の電気自動車を販売し、年間1500GWhのエネルギー貯蔵を導入することを目指しています。」

予測:テスラは年間2,000万台のEVを販売する目標を達成する

イーロン・マスク氏は、フィナンシャル・タイムズ誌のインタビューの中で、テスラの素晴らしいチームについて語り、テスラが達成した膨大な数の業績が気の遠くなるようなものであることに言及しました。

確かに、この4年間にテスラが成し遂げた仕事を見ると、そう思うのではないでしょうか。2014年、イーロン・マスク氏が「テスラは2020年に50万台のEVを販売する」と予測したとき、多くの人が疑い、あからさまに嘲笑しました。

イーロン・マスクCEOは、テスラの年間成長率は、地球の歴史上、どの大型製造品よりも速いと付け加えました。

「この成長率が続けば、年間2,000万台に到達するのは明らかです。しかし、その目標に到達できず、つまずくこともあるかもしれません。しかし、ここまで来るのも、2,000万台に到達するのも、ほぼ同じくらい困難だと思います。」

私はテスラが年間2000万台のEVという目標を達成することを楽観視していますが、イーロン・マスクCEOが語った不確実性は困難なものになると思います。イーロン・マスクCEOがインタビューで語った課題には、原材料やサプライチェーンが含まれています。

「リチウムの生産では、おそらく3年後くらいに原料の制約がやってくると見ています。そして、正極の生産では、正極 – 主な正極の選択肢は、ニッケルとリン酸鉄の2つです。」

イーロンは、鉄は地球の32%が鉄の組成でできているため豊富ですが、リン酸塩はもう少し難しい、と付け加えました。

「リン酸塩は若干難易度が高いですが、それでもかなり一般的です。また、リチウムも非常にありふれた物質です。リチウムは、事実上どこにでもあります。ですから、リチウムが希少元素であるかのような不足の問題ではありません。」

「リチウムの採掘と精製、そして鉄とリンを電池用のリン酸鉄やニッケルにするための設備が必要なのです。これは、鉱石をバッテリーグレードの材料に変換するために必要な装置であり、唯一最大の制約だと思います。」

イーロン・マスク氏は、テスラはサプライヤーとこれらの課題に取り組んでいると付け加えたので、これが解決不可能だとは言っていませんが、テスラが2030年までに年間2000万台という志を達成するためには、解決しなければならない問題の1つであることは確かです。

テスラはそこに到達するだけでなく、今後10年の間に、テスラが鉱業そのものにどのような影響を与えたかを振り返ることになるのだろうと思います。

フィナンシャル・タイムズのインタビューは以下からご覧いただけます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました