テスラ株の投資家はEVバッテリーの価格を注視する必要はあるのか?

tesla-model-3-headlight TESLA News
スポンサーリンク

電気自動車用バッテリーの生産に非常に重要となる鉱物のコストが上昇する中、テスラ株の投資家の中には、心配するこのことを必要があるのかと考えている人もいるようです。一部の投資家は、今後の供給不足で電気自動車のバッテリーが高騰し、購入者が内燃機関自動車に戻る可能性さえあると考えているのです。

The Motley Foolのケイテン・ドーリー氏の論説によると、ニッケルやコバルトなどの原材料の商品価格は上昇傾向にありますが、EVバッテリーの価格が高騰してもテスラの投資家は心配すべきではないとのことです。価格の上昇にもかかわらず、EVの需要は依然として強く、EV用バッテリーの生産コストは過去10年間で低下傾向を示しています。

Tesla-battery-cells
Credit:Tesla

現在、EVの需要が増え続ける中、コバルトとニッケルの供給が枷になっている状況です。2019年のコバルトの約70%は、懸念されるコンゴ民主共和国からのものですが、この地域での人権侵害により、コバルト供給に関する同国との協力関係は理想的とは言えません。ニッケルの生産は停滞しており、世界のニッケル生産量は2013年の260万トンをピークに減少しています。

コバルトとニッケルの価格は、新しい企業が採掘に参入しない限り、今後も上昇し続けると考えられます。テスラはリチウムを自社で採掘することを検討しており、イーロン・マスクCEOは最近、価格が改善されない場合はそうする可能性があると述べています。

長期的には、商品価格の上昇が生産効率の向上を上回らない限り、バッテリーの利幅は同じところにとどまる可能性が高いと考えられます。テスラをはじめとするEV自動車メーカーは、すでにバッテリーの価格上昇を相殺するために値上げを始めているのですが。

テスラ・モデル3はわずか1年で37,190ドルから48,190ドルのスタート価格に上昇しており、テスラが市場に十分なモデル3を供給できるようになるまでは、値上げが止まらない可能性があります。競争が激化すれば、この問題はさらに悪化する可能性があるのも事実です。

一方でロシアによるウクライナ侵攻の影響でガソリン価格が高騰し、ガソリン代の高騰を抑えるために電気自動車を購入する人が増えています。これはテスラにとって有利に働く可能性があり、今後さらに需要を増加させる可能性があります。

商品価格は消費者に最も影響を与える可能性が高いですが、TSLA株への投資家は新しいバッテリー技術が登場し、テスラに対する高い需要が失われておらず、引き続き高い需要があることに安心して良いと思われます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました