GMのテスラを超える計画は、より安価なEVの製造が中心:メアリー・バーラCEO

gm01 TESLA News
https://youtu.be/612LzxcyJrk
スポンサーリンク

メアリー・バーラCEOは、GMが手頃な価格のEVを製造することで、テスラから世界最大のEVメーカーの座を奪うことができると確信しているようです。

ゼネラルモーターズ(GM)のメアリー・バーラCEOは、自身が率いる会社がEV製造においてテスラを超えることに依然として自信を持っています。

ヤフー・ファイナンスとのインタビューで、メアリー・バーラCEOは、GMは、イーロン・マスクCEOが率いるテスラから世界最大のEVメーカーのタイトルを奪い取ることができると述べました。バーラ氏は、GMが過去に内燃機関自動車でそうであったように、EV市場でも最終的にリーダーになると考えているようです。

「我々はそのためのすべてのステップを踏んでいます。2020年代半ばまでに、テスラを含む他のどのメーカーよりも多くのEVをこの国で販売すると言っています。」

もちろん、何かを言うことと、それを実行することは全く違うのですが、GMの野心的な計画は、無視されるべきではありません。そうしない理由のひとつは、テスラを退治するためのバーラの戦略、つまりより安価な電気自動車を作ることだからです。

「忘れないでほしいのは、私たちは必ずしもプレミアムエンドで販売するだけではないということです。3万ドルから買える電気自動車を用意するのです。」

彼女が言及したのは、2024年発売予定のシボレー・エクイノックスEVと、3万ドル以下からスタートする謎の電気自動車についてです。現在、GMの最も安い電気自動車はボルトEVで、31,500ドルからとなっています。これに対し、テスラのエントリーレベルEV「モデル3」の希望小売価格は46,990ドルで、同社は最近かなりの値上げを続けています。

GMが発売した、あるいは今後発売予定の新世代電気自動車のうち、シルバードEVワークトラックは39,900ドルと最も手頃な価格です。しかし、キャデラック・リリックとGMCハマーEVは高級車市場に位置づけられ、それぞれ58,795ドル、79,995ドルからとなっています。

しかし、将来的にはホンダとの提携により、真に手頃な価格のGM電気自動車が登場することでしょう。コンパクトクロスオーバーを含むそれらの低価格モデルは、2027年に発売される予定であることに留意してください。

それまでに「2万5000ドルモデル」(いわゆるモデル2)が発売される可能性が高く、テスラが立ち止まっているわけではないことは確かでしょう。昨年の世界のEV市場では、テスラが14%近いシェアを獲得して首位に立ち、GMは7.6%で4位でした。

Tesla-Model-2-render-hero
廉価版テスラのレンダリング画像

それでもバーラ氏は、年々多くのGMドライバーが内燃機関車を徐々にEVに乗り換えていくため、GMはその差を縮め、テスラを追い抜くと確信しているようです。

彼女は、現在のシボレーやGMCのトラックのドライバーが、数年後には電気トラックを購入するようになると考えています。

「少し長くなるゲームだと思っています」と彼女は言っています。

インタビューの全容は、下のビデオでご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました