テスラの2022年第2四半期の納車台数にアナリストが光明を見出す

tesla-model-s-plaid-2 TESLA News
CREDIT: TESLA FREMONT FLYOVER/YOUTUBE
スポンサーリンク

テスラのフリーモント工場は、生産能力を10~20%上回る水準で自動車を生産していると報告されています。

グローバル・エクイティ・リサーチ社のトリップ・チャウドリー氏は最近、2022年第2四半期のテスラの生産と納車の可能性を示すメモを投資家に発表しました。ギガ上海工場の閉鎖やサプライチェーンの制約があるにもかかわらず、テスラは今期も好調に推移しているようです。

私たちは、テスラに関して、アナリストが長年にわたって非常に熱くなったり冷たくなったりすることをよく承知しており、テスラ社はほとんど情報を開示しません。このため、一般的なアナリストやウォール街では、予想すること自体が難しく、正確さからはほど遠いことが多いのです。

Credit:Tesla

しかし、チャウドリー氏が傑出しているのは、少なくとも1つ、非常にシンプルな理由があるからです。彼は、米国カリフォルニア州フリーモントにあるテスラの工場で、個人的に進捗状況の確認に時間を割いているのです。過去にも、チャウドリー氏が「内部」から得た情報は、数字を計算しようとする人々にとって貴重なものであり、彼は何度もこれまでテスラの状況について正しい評価をしてきました。

現在、米国カリフォルニア州にあるフリーモント工場の年間生産台数は60万台で、これは四半期あたり15万台の生産に相当する量となります。

チャウドリー氏のフリーモント訪問により、工場は通常の生産能力を最大20%上回って稼働していることが明らかになり、2022年第2四半期に工場でさらに3万台もの車両が生産される可能性があることが判明しました。チャウドリー氏は以下のように書いています。

「2022年5月は生産、出荷、納入が極めて好調に推移。フリーモント工場は生産能力を10%~20%上回って稼働している。」

このアナリストが「2022年2Qは化け物級の四半期になる」と示唆するためにフリーモント工場へ行ったとのことです。チャウドリー氏は、物流ロットや自動車運搬車の画像に言及し、2022年第1四半期に数えたよりも少なくとも20%多い出荷車両を見ており、今期はまだ序盤なのに、と述べています。

これまで述べてきたように、テスラの支持者と否定者は、しばしばドローン映像や工場のチェック、駐車場の画像などを使って、予測やシナリオを裏付けてきました。しかし、中国でのテスラ工場閉鎖の後、テスラが失われた生産の少なくとも一部を補うために可能な限り努力を重ねることは、非常に理にかなっていると言えるでしょう。

この際、テスラ2022年第2四半期の生産・納車予想について教えていただきたいものです。2022年第1四半期、テスラブランドは305,407台のEVを生産し、310,048台を納車しました。

第2四半期は、この数字を上回るのでしょうか?もしそうなら、どの程度になるのでしょうか?逆に、ギガ上海でのコロナによる生産休止は、テスラが初めて納車を「失敗」させるのに十分だったのでしょうか?

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました