テスラのMCU2は、MCU3へのアップグレードができない可能性が高い…

intel-amd TESLA News
https://twitter.com/greentheonly/
スポンサーリンク

テスラの有名なハッカーでTwitterユーザーの@greentheonlyは、インテルチップを採用した現行のMCU 2(Media Control Unit:メディアコントロールユニット)テスラを、MCU 3で採用された改良型Ryzenベースの新しいプロセッサに後付け(レトロフィット)することは不可能だろうと推測しています。

新型モデルYの内部を間近で調査したグリーンは、「インテル車への後付けは間違いなく不可能に見える。電源などのハーネスやユニットの厚みが全く違うからだ。」と述べています。

このニュースは、テスラやそのCEOであるイーロン・マスク氏によって確認も否定もされていませんが、もし正しいことが証明されれば、現在のMCU1のオーナーが2,000ドル(プラス税)の手数料でMCUをアップグレードできるのと同じように、アップグレードの可能性を提供されると期待していた多くのMCU2車のオーナーを確実にがっかりさせることになると考えられます。

MCU(Media Control Unit)は、テスラのタッチスクリーン、プロセッサー、RAM(短期メモリ)、不揮発性メモリ(長期メモリ)、オーディオサブシステム、5つのアンプ、WiFi、セルラー通信、Bluetooth、GPS、イーサネットブリッジ、複数のCANバス通信、LINバス、USBポート、その他多くを制御するコンピュータです。

テスラがどのMCUバージョンを搭載していても影響を受けない、フルセルフドライブ/オートパイロットを除くすべてのソフトウェアオペレーションを処理します。つまり2016年11月以降に製造されたテスラは、すべて完全自動運転(FSD:Full Self-Driving)が可能とされています。

MCU2は、MCU1に搭載されたNVIDIAのTegra 3プロセッサーのアップグレード版として2018年春(モデル3は2017年秋)に登場しました。それ以降に納車された車は、インテルのCPU「Atom E8000シリーズ」による応答性の向上と追加機能の恩恵を受けています。

この2つのチップは、技術的にはまったく異なるアーキテクチャを有しています。ソフトウェアアップデートV10のリリースにより、MCU1ユーザーはテスラ・シアターとテスラ・アーケードの両方を除外され、その性能の違いが顕著になりました。MCU1は、Netflix、Hulu、YouTube、そして今後追加されるかもしれない他のストリーミングサービスに対応していません。また、テスラが追加したいくつかのゲームにも対応していません。さらに、MCU2のウェブブラウザは、GoogleのChromiumプラットフォームで構築されているため、より速く、より高性能です。

その後2021年夏、テスラはより強力なインフォテインメント・プロセッサーMCUを搭載したモデルSの新型モデルを発表しました。当時は、これがテスラの次世代MCUなのか、他のモデルにトリクルダウンしていくのか、誰もわからない状況でした。

AMD-Ryzen-tesla

そして2021年後半、テスラのMCUチップの新世代の最初のニュースがウェブに溢れ始め、新たに納車されたモデルYにAMD Ryzenベースの新しいコンピュータが存在するという報告が中国からもたらされました。

新しいMCUはより高速で、Webブラウザーの応答性、そしてNetflixやYouTubeなどの動画ストリーミングサービスを使用中の応答性に顕著な改善をもたらしています。

また、現行発売されているテスラ車には全て最新型のAMD Ryzenチップが搭載されたMCU3が装備されています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました