AMD搭載したテスラモデル3、モデルYが北米でデリバリー開始!

Tesla-center-display-intel-vs-amd TESLA News
https://electrek.co/

テスラは、AMDを搭載したMCU3インフォテインメント・システムのモデル3およびモデルYの生産・納車を北米で開始しました。

11月には、ギガファクトリー上海がテスラモデルYパフォーマンスの納車を開始しました。メイド・イン・チャイナ(MIC)のモデルYパフォーマンスにはAMD Ryzenグラフィックスチップが搭載され、新しいオーナーはソーシャルメディアで嬉しそうに披露していました。

また、MICモデルYパフォーマンスのオーナーは、Ryzenチップのほかに、モデルS Plaidと同じ12Vリチウムイオンバッテリーを搭載していることも明らかにしました。

Teslascopeは、最新のモデル3とモデルYの納車車両にもAMD Ryzenチップが搭載されていることを示唆する写真をTwitterに投稿しました。テスラの新型車には、リチウムイオンと明記された12Vバッテリーも搭載されており、北米で販売されているモデル3やモデルYでも切り替えを行ったことになります。新型モデル3とモデルYの車両には、フロントカメラを格納する小さなノッチも搭載されています。

ソーシャルメディアで共有された写真は、2021年12月21日に製造された車のもので、テスラが最近、モデル3やモデルYに最新のインフォテインメント・システムを装備し始めたことを示唆しています。アップグレードされた車両のVINは、139xxxで始まっていました。VIN番号が137番台のオーナーの中には、自分の車にAMD Ryzenチップなどのアップグレードが見られないと報告した人もいます。

同社の新しいMCUユニットが提供する利点は多くあります。AMDを搭載したコンポーネントのおかげで、ユーザーはよりスムーズなユーザー体験を期待でき、NetflixやYouTubeなどのアプリも、市場のプレミアムスマートフォンのそれとほぼ同様に、よりスムーズに動作すると考えられます。

telsa-model-y-performance-amd-ryzen-processor-video-1
この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集・参考にして作成しています。

国内のモデル3はもちろんギガ上海製なので、どのタイミングで切り替わるのですかね?それとももう切り替わってる?

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました