AMD Ryzen搭載の中国製テスラ モデルY パフォーマンス デビュー!

mic-model-y-performance01 TESLA News
https://www.xiaote.com/r/619f897269aa4e42c22f76e5
スポンサーリンク

ギガ上海では、テスラのモデルYの最上位クラス、モデルYパフォーマンスの納車を開始し、中国市場向けの納車を開始しました。

中国の一部のモデルY パフォーマンスのオーナーは、自分の車がAMD Ryzenグラフィックチップを搭載していることを明らかにしました。そしてAMD Ryzen SoCを搭載していると思われるインフォテインメントシステムのスムーズな画面動作を示す動画をすでに公開しています。

「AMD Ryzenプロセッサを使用した新型モデルYパフォーマンスは本当に素晴らしいです👍画面の表示やスクロールが非常にスムーズに動くようになりました!」とあるモデルY パフォーマンスオーナーはコメントしています。

Credit: wujin941005

テスラのオーナーは、Ryzenチップの他に、モデルY パフォーマンスの12V鉛バッテリーを16Vリチウム電池にアップグレードしたことにも注目しています。NEDC基準では、モデルY パフォーマンスの推定航続距離は545kmとなっています。

メイド・イン・チャイナのモデルY パフォーマンスの中国国内での販売価格は387,900人民元(約692万円)で、その価格ゆえに補助金の対象にはなりません。テスラ中国のオンラインコンフィギュレーターによると、パフォーマンスタイプには5人乗りのオプションのみが用意され、7人乗りのオプションは用意されていません。

テスラ中国では、モデルY パフォーマンスを購入すると、「レーシング・パッケージ」が付いてきます。この「レーシング・パッケージ」には以下が含まれます。

  • 21インチホイールのサイクロン・ハブ
  • 進化したブレーキデバイス
  • カーボンファイバー製スポイラー
  • アルミ合金製ペダル
  • ローワーサスペンション
https://www.xiaote.com/r/619f897269aa4e42c22f76e5

エンハンスト・オートパイロットは、32,000人民元(約57万円)の追加料金で利用できます。この機能には、高速道路のランプや陸橋の出入りを自動でアシストする機能や、低速車を追い越す際の案内機能、車線変更支援機能、サモン機能、オートパーク機能があります。

完全自動運転(FSD:Full Self-Driving)は、中国では64,000人民元(約114万円)です。これには基本機能のオートパイロットとエンハンスト・オートパイロットのすべての機能が含まれています。

またテスラは、中国でのFSDは、信号機や一時停止の標識を認識して適切に動作する機能や、都市部の道路走行支援機能を近日中に開始するとしています。

現時点では、モデルYパフォーマンスは2021年第4四半期内の本格的納車に向けてまだまだ準備中のようです。やまモデルY RWDとモデルY ロングレンジは、すでに年内の販売は終了しています。ベースグレードとなるモデルY RWDとロングレンジの納車予定時期は2022年第1四半期となっています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラの場合、発売時期によってハードウェアの進化が大きいので、結局乗り換えることになるのでしょうね。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました