テスラ、2022年第1四半期に米国EV市場の75%を占める!

tesla-all TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

ケリー・ブルー・ブック(KKB)のデータによると、第1四半期にテスラが米国の電気自動車市場を独占したようです。2022年1月から3月までのEV販売台数のうち、テスラ車の販売台数は75%を占めています。

テスラのモデル3とモデルYの車両は、2022年第1四半期の米国EV市場の販売台数の68%を占め、加えて、前四半期のテスラの車両販売台数のうち、モデルSとモデルXの車両は7%を占めました。

2022年第1四半期に最も売れたEVは、テスラ「モデルY」が1位、2位が「モデル3」、3位が「フォード・マスタング・マッハE」となりました。また、KKBの第1四半期のベストセラーEVトップ10リストには、モデルXとモデルSがそれぞれ4位と7位でランクインしています。

モデル3とフォード・マスタング・マッハEの販売台数に大きな差があることは、米国のEV市場におけるテスラの優位性を浮き彫りにしています。テスラは第1四半期に43,707台のモデル3を販売したのに対し、フォードは同時期に6,734台のマスタング・マッハEを販売しました。

テスラは2022年第1四半期に世界中で310,048台を納車し、第1四半期の記録をまた更新しました。2022年第1四半期の業績は、ギガファクトリー上海のシャットダウンが3カ月間の末期という重要な時期に発生したことが、やや障害となったようです。また、テスラは、他の自動車メーカーと同様に、前期もサプライチェーンに関する継続的な課題に対処していました。

Automata Corp.の統計によると、今年第1四半期に電気自動車の販売台数が急増しました。電気自動車の販売は好調でしたが、自動車業界全体の新車販売台数は15.3%減少し、再生可能エネルギー車への今後の移行が加速していくことが示唆される状況です。

多くの自動車メーカーが電気自動車を生産するようになり、テスラに対する競争は激化しています。例えば、ヒュンダイIoniq 5も、KBBが最近発表した第1四半期の米国におけるEVのベストセラーリストに入った注目車種です。ニューヨーク国際自動車ショーでは、ヒュンダイIoniq 5はワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを含む3つの賞を受賞しています。

Credit: Statista

世界のEV市場において、フォルクスワーゲンは2021年にテスラのシェアに肉薄しました。Statistaの計算では、2021年に世界で最も売れているEVメーカーはテスラで、テスラは昨年、合計で936,172台を販売し、その世界EV市場シェアは13.84%となりました。フォルクスワーゲンは11.28%のシェアを獲得し、テスラを僅差で追いかける存在です。

EV市場で競争が激化する中、テスラも拡大を余儀なくされています。イーロン・マスクCEO率いる同社は、上海、ベルリン、そしてテキサスの新本社にあるギガファクトリーの助けを借りて、王座を争う準備を整えているようです。

テスラは2022年に最大150万台の生産を目指しています。また、2023年までにサイバートラック、セミ、ロードスターを含む他の車両の生産を開始する予定です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました