テスラ、ギガファクトリー・ベルリン、4月末までに1千台/週のモデルY生産を目指す

giga-belrin-inside-10 TESLA News
https://youtu.be/IO5XC1x27gg
スポンサーリンク

先月オープニングイベントが開催された欧州におけるテスラ最初の巨大工場ギガファクトリー・ベルリンは、4月末までに週1,000台のモデルYを生産することを目標に、積極的に開発を進めています。7月には工場作業員の2交代制への移行を開始し、工場の製造パフォーマンスを向上させ、2022年秋には、4680バッテリーセルの生産を開始する予定とのことです。

giga-belrin-inside-09
ギガベルリン工場内の超大型鋳造機ギガプレスから取り出されたモデルYのメガキャスティング部品
https://youtu.be/IO5XC1x27gg

テスラは3月末にギガファクトリー・ベルリンで生産を開始し、3月22日に最初の30台のモデルYをオープニングイベントで引き渡しました。

以来、数百台のドイツ製車両が国内だけでなく、多くの欧州諸国に納車されています。現時点では、ギガファクトリー・ベルリンの業績を示す公式な数字はありませんが、非公式な情報筋からは、以下のような情報が流れてきています。

ドイツのニュースメディアAutomobilwocheは、無名の情報源を引用して、今日現在、このギガベルリン工場では週に約350台のモデルYを生産していると報じています。

しかし、4月末までにギガ・ベルリンは週当たり約1,000台の生産能力に達するはずで、つまり、年末までにテスラが週当たり1,000台のモデルYを生産すると仮定すれば、2022年には約3万5,000台の製造能力ということになります。

さらに記事の中では、7月から2交代制勤務に移行する予定であることが伝えられています。この情報を無視しなければ、シフト数の増加が生産量の増加に直結することは明らかです。そうでなければ、2交代制を導入する意味がありません。ただし、2交代制で生産量が2倍になるということではなく、1週間に数百台のモデルYを余分に製造することは可能になります。

また、Automobilwocheは、テスラが秋に3週間の生産停止を計画していると報じています。

これは生産台数にマイナスの影響を与えることは間違いないですが、劇的に影響があるということでも無さそうです。この生産停止は、生産ラインの再整備に関連して行われるとされており、この時期に新型の4680バッテリーセルの生産が開始され、それに伴いモデルYの生産に組み入れられるはずだからです。

これは新しいバッテリータイプの車を待っているテスラの顧客を喜ばせる非常に肯定的なニュースです。

現時点では、2022年のモデルYの実際の生産予定台数は不明のままです。しかし、提供された情報を考慮すると、ギガファクトリー・ベリンが2022年に3万台をはるかに超える生産が可能であることは明らかです。

おそらくテスラは、来る2022年第1四半期の決算説明会で、最新情報、あるいは少なくともそれに関するヒントを提供することでしょう。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました