テスラ モデル3:所有4年後の批判的な意見

tesla-model-3-black TESLA News
https://youtu.be/D_1iGhshQt0
スポンサーリンク

ジョシュは、モデル3の長所をすべて紹介するのではなく、気に入らない点を概説しました。

テスラのモデル3は、モデルYの人気が続いているにもかかわらず、最も売れている電気自動車です。YouTubeチャンネル「6 Months Later Reviews」を運営するジョシュ・テダーは、モデル3を4年余り所有しています。

彼の最新のビデオでは、ほとんどのレビュービデオのように、モデル3のよくある肯定的なものに焦点を当てるのではなく、彼が遭遇したすべての批判的なものを紹介することにしました。

ジョシュはまず、ソフトウェアのアップデートについて取り上げています。彼は、いくつかのソフトウェアアップデートが事態を悪化させ、より複雑にしていると指摘しました。さらに、アップル・カー・プレイやアンドロイド・オートへの対応はまだ実現していません。

次に、トランクのデザインはやや欠陥があるようで、悪天候時には雨が簡単にトランクを通って車内に入ってしまいます。(この欠陥は後のモデルで解消されています)

モデル3の冬の航続距離は、他の季節に比べて大幅に減少します。完全な再充電を確実に行うには、車とバッテリーができるだけ暖かい状態である必要があります。

同様に、オートパイロット使用時のファントムブレーキも問題です。

ジョシュは、それが原因でその後、FSDベータ版を利用するのをやめています。標準のクルーズコントロールは使用できますが、トラフィッククルーズコントロールだけは信頼性に欠けることがあります。ジョシュは、レーダーセンサーをカメラに置き換えたことが正しい判断だったとは思っていないようです。

https://youtu.be/D_1iGhshQt0

これらの不具合があってもジョシュは、4年間所有した後、テスラ以外の車には乗らないと結論付けています。彼のモデル3は楽しくて実用的、加えてメンテナンスは非常に少なく、テスラのスーパーチャージャーネットワークは素晴らしいとのことです。

とはいえいくつかの問題はありますが、全体としてモデル3は今でも素晴らしい車のようです。Youtubeの映像は以下をご確認ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました