米国道路交通安全局、テスラのブームボックスで2回目のリコールを実施

TESLA News
スポンサーリンク

米国道路交通安全局(NHTSA)は、テスラのブームボックス機能をこの数カ月間で2回目のリコールとしました。

2月上旬に連邦政府は、ドライブ、ニュートラル、リバース中にこの機能を無効にし、パーク中にしかカスタムサウンドを再生できないように制限するリコールを発表しました。

その理由は、アイスクリームトラックの音を流したり、歩行者に向かっておならをしたりすると、国が定めた歩行者警告システム(PWS)の音が聞こえなくなる可能性があるからです(これらの音は互いに排他的であるにもかかわらず)。

model3-black02

米国道路交通安全局は本日、2度目のリコールを発表しました。今回は、サモン(クルマの自動呼出し)またはスマートサモン(遠隔地からの無人呼び出し)を使用する際にブームボックスを無効にするようにとのことです。

この機能は、無料の無線(OTA)ソフトウェアアップデートで無効にすることができます。

テスラは、サモンまたはスマートサモンを使用している場合を含め、車両がドライブ、ニュートラルまたはリバースにあるときにブームボックス機能を無効にするOTAファームウェアアップデートを展開する予定です。

通知によると、リコールの対象となるのは、2017~2022年のモデル3、および2020~2022年のモデルY、モデルS、モデルXの車両を含む594,717台とされています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

OTAでリコール対応できるというのが凄い。以下の記事もぜひ参照してください。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました