テスラ社員「完全自動運転」の事故動画をYouTubeで共有し、解雇!

Tesla-FSD-Beta-accident-small TESLA News
https://youtu.be/sbSDsbDQjSU
スポンサーリンク

テスラの完全自動運転フルセルフドライビング(FSD)ベータ版の体験動画をYouTubeに投稿していたテスラ社員が解雇されました。彼の解雇は、FSDベータ版で(小規模とはいえ)初めて確認された事故の動画を共有した直後だったようです。

テスラのフルセルフドライビング・ベータ(FSDベータ)は、現在、同社が安全運転すると「セーフフティスコア」によって評価され選定されたテスラオーナーを通じてテストされている自動運転ソフトウェアのベータテストバージョンです。

このソフトウェアにより、カーナビに入力された目的地まで自律的に走行することが可能になりますが、ドライバーは常に警戒を怠らず、クルマをコントロールできる状態である必要があります。

tesla-fsd-beta-v10.3-02
https://youtu.be/RYaKaKhBcyQ

事故が起きた場合の責任はテスラのシステムではなくドライバーにあるため、「完全自動運転」という名称とは裏腹にいわゆるレベル2の運転支援システムとされていますが、テスラは今後のソフトウェアアップデートにより、最終的にはドライバーの操作や監視が不要なシステムにしたいと考えています。

このFSDベータプログラムの進捗を追う中で、YouTubeには、初期のベータテスターがFSDベータで運転体験を投稿する動画をよく見たり、共有したりしていました。

私たちが知らなかったのは、現在ではジョン・バーナル氏として知られる人物が、事故の動画を作成していた当時はテスラの従業員だったということです。

そして今、我々はバーナル氏が先月末にテスラ社から解雇されたことを知りました(CNBCによる情報)。

「テスラは、ジョン・バーナル氏という元オートパイロット従業員が、シリコンバレー周辺のさまざまな場所で同社の完全自動運転ベータシステムの動作を示すビデオレビューを自身のYouTubeチャンネル「AI Addict」で公開したため、彼を解雇しました。」”

テスラは解雇の理由を明らかにしていませんが、バーナル氏は解雇前に彼のYouTubeチャンネルについて警告を受け、マネージャーから「システムを悪く見せるようなことはシェアしないように」と忠告されたということです。

バーナル氏は1年以上前からFSDベータ版の動画を投稿しており、テスラにもチャンネルを公開していましたが、テスラの完全自動運転ベータ版が車止めに突っ込むという、FSD初の事故が映像で捉えられた可能性のある動画を投稿したわずか数週間後に解雇されたというタイミングも興味深いところです。

複数のメディアがこの動画を共有し、彼のこれまでの動画の10倍にあたる20万回近い再生回数が集まりました。

バーナル氏はその直後、解雇されたようです。彼はテスラ社でデータ注釈のスペシャリストとして1年以上を過ごした後、最近「先進運転支援システム試験オペレーター」という役割に移されましたが、これは基本的に彼がYoutubeチャンネルで行っていたことであり、利益相反の可能性があります。

この元テスラ社員は、FSDベータ版やテスラについて、すでに公開され顧客の手に渡っていないものを共有したことはないと述べています。

興味深いことに、テスラはバーナル氏の個人所有のモデル3でのFSDベータへのアクセスも取り消しました。これまでテスラは、安全上の警告を受けた人にだけそうしていたが、バーナルに氏は先月の事故後でさえも、そういう警告はなかったようです。

この取り扱いがテスラの権利の範囲内かどうかは不明ですが、状況を複雑にしているのは、バーナル氏がテスラの従業員としてモデル3を購入したのは、当時、FSDパッケージ(8000ドル相当)ベータ版を無料でテストする従業員に与えるプロモーションを行っていた時期だったということです。

テスラは以前、FSDのベータ版テスターに対して、NDAで会社に不利になるようなことを共有しないように促していたことが問題視されたことがあります。

自らを「言論の自由絶対主義者」と呼ぶイーロン・マスクCEOは、テスラはFSDベータプログラムの一環としてNDAを持ってはならず、テスターはとにかく「守らない」のだと述べています。

ただし、当時FSDベータ版の動画をSNSでシェアしていた従業員には疑問を呈していました。

常識的に考えれば、一般的なルールとして、YouTubeチャンネルを立ち上げて、自分の雇用主が作った製品の体験談を何十本も投稿するようなことはしないものです。それは良いアイデアとは思えません。

一方で、何がそんなにいけないのでしょうか?このやり方は、悪意があるように見えますが、本人は、悪意を持ってやったわけではないようです。

そして今回テスラは、FSDベータ版の最初の事故となるかもしれないビデオを投稿した直後にその人物を解雇したのですから、テスラ社にとってもあまりいい影響はないと考えられます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ社員でFSDテスターが仕事の人がこれをやるのはまずいと思います。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました