テスラ モデル3 RWDとロングレンジ、欧州で2022年中ほぼ完売!

model3-red TESLA News
スポンサーリンク

2022年は始まってからまだようやく1ヶ月余りにも関わらず、テスラは欧州向けのモデル3生産分をほぼ完売してしまいました。

オンラインのデザインスタジオによると、ベースグレードの後輪駆動(RWD)またはロングレンジ(LR)バリアントのいずれかを顧客が入手できる最短の日は、現時点ですでに2022年11月になっています。

model3-uk

ホイールや塗装色、ホワイトインテリアなど、オプションのアップグレードをする場合は、逆に納車までの時間が2022年8月に短縮されるようです。

Credit:Tesla
Credit:Tesla

このように長い納車待ちは、ヨーロッパでのモデル3の人気を考えると、それほど驚くことではありません。

以前お伝えしたように、モデル3は昨年、欧州28カ国でBMW 3シリーズを上回る販売台数を記録しました。

残念ながら、ギガファクトリー・ベルリンの稼働開始したとしても、当面モデルYを生産する工場として位置づけられるため、このモデル3の納車時期に大きな影響を与えることはないと考えられます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集・追記・改変して作成しています。

つい先日には日本でも一気に納車時期が延びました。日本におけるモデル3RWD、ロングレンジ、パフォーマンスの価格推移及び納期については以下のサイトをご確認ください。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました