中国EVメーカーもテスラの超大型鋳造プレス機「ギガプレス」を採用へ

Chinese-Part-Suppliers TESLA News
スポンサーリンク

NIO(ニーオ)やXPeng(シャオペン)といった中国を代表するEV自動車メーカーの部品サプライヤーである広東鴻図科技股分有限公司(Guangdong Hongtu Technology:GHT)は、テスラ部品サプライヤーのLKテクノロジー社の協力を得て、12,000トンの超大型鋳造が可能なダイキャスト装置の開発を始めると発表しました。NIOやXPengの担当者からの最近の回答は、近いうちにGHTの超大型一体式ダイキャストマシンを使って自社のEVを製造する可能性を示唆しています。

テスラは、EVの世界的な大企業として、紹介する必要はないでしょう。テスラは、米国で最大かつ最高の製造設備を展開していますが、中国でも自動車製造を行っており、有名な「ギガプレス」(6,000トンのダイキャストマシン)は、より大きな一体成型部品の製造に使用されています。例えばモデルYのフロントとリアの一体型部品など、EVの部品です。

昨年11月、テスラのダイキャストサプライヤーであるLKテクノロジー社が、中国の自動車メーカー6社と同様の製造技術を導入するために協働していると述べたニュースをお伝えしました。その際、LKテクノロジー社のエンジニアは、これらの中国の自動車メーカーは、サプライヤーが大型ダイカストマシンを納入するまでに、まだ車両設計の道半ばであると述べています。

少なくとも2つの中国自動車メーカーは、広東鴻図科技という相互の部品サプライヤーの協力を得て、同様の製造技術をテスラに適応させる方法を見出したのかもしれません。

最近行われたダイキャスト装置の発売計画を発表する式典は、NIOとXPengが間もなくこの技術を自社の組立ラインに適用する可能性を示唆しています。

GHT、LKテクノロジーの超大型ダイキャストマシンを発表

CnEVPostは、広東鴻図科技(GHT)が6,800トンのシャシー統合構造部品を発売すると発表した中国での式典を取り上げました。さらに、中国の自動車部品サプライヤーは、LKテクノロジーの子会社と8台の超大型ダイキャストマシンを購入する契約を締結しました。

これは、現在テスラがEV製造に使用しているギガプレスの2倍の大きさです。

GHTは、この製造技術を利用する可能性のある中国の自動車メーカーについて、それ以上の詳細には触れていませんが、一部の自動車メーカーはこのイベントに参加しています。NIOのモーター部門CEOであるZeng Shuxiang氏が、事前に収録されたビデオを通じてスクリーン上で祝辞を述べたことを紹介しています。

また、シャオペンモータースの副社長江平氏は、広東鴻図科技のワンピース・ダイキャスト部品への進出は画期的な出来事であるとスピーチしました。前述したように、現在、中国の両自動車メーカーは、自動車部品についてGHTと取引をしているようです。

どちらの中国企業も、GHTのダイキャスト製造技術を利用してテスラを模倣する計画を公には認めていません。この製造技術を採用することは、テスラ以外の中国の自動車メーカーにとっても、非常に大きな変化となる可能性があります。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

このように自動車製造もどんどんコモディティ化していくのでしょう。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました