テスラ、モデルYのフロント「メガキャスト」は、革命的!

Tesla-Model-Y-front-underbody-megacast TESLA News
CREDIT: TESLA OWNERS OF AUSTIN
この記事は約3分で読めます。

テスラは数カ月前、モデルYのリアアンダーボディにすでに一体型のメガキャストを活用していることを明らかにし話題となりました。サンディ・ムンロなどの自動車業界の重鎮たちが、テスラのこの大胆な戦略を賞賛するなど、その革新性は当時から明らかでした。その間に、テスラは6,000トンのギガプレス機で、Model Yのリアアンダーボディとフロントアンダーボディにもメガキャスト(訳注:巨大アルミ鋳造部品を生産できることを発表しました。

最近、モデルYのフロントアンダーボディのメガキャストの画像がネット上で公開されました。このメガキャストは、その複雑さと圧倒的な大きさで注目を集めています。この写真を公開したのは、ダイキャストのスペシャリストであり、Emil Turck GmbH & Cie KGのマネージングディレクターであるAxel Turck氏です。テスラの従業員は、この巨大な鋳造部品の製造に成功したことを喜んでいます。また、この部品はIDRA社製の機械で製造されたとのことです。

Turck氏の投稿の添付写真には、フロントメガキャストを囲む数人の作業員の姿が写っています。この幹部は、この部品がどの車のものかは明らかにしていませんが、そのデザインは(驚くほど大きいにもかかわらず)、昨年のバッテリーデーのスライドの1つでTesla社が紹介したモデルYのフロントメガキャストと同じでした。また、この画像の背景には、この部品を製造したと思われるIDRA社の6,000トンのギガプレスが写っていました。

Credit: Tesla

その後の情報で、この写真がアメリカのテキサス州で撮影されたものであることが判明し、これは、古くからの知り合いが送ってくれたものとのことでした。このGIGAテキサスのメガキャストの写真は、彼を非常に興奮させたようで、このような革新的な技術は、ドイツの 「国の援助で腹を膨らませた傲慢な自動車メーカーでは実現出来ない 」と指摘しています。

テスラのモデルYのメガキャストは、自動車の生産工程を簡略化するという点で非常に画期的です。例えば、テスラのCEOであるイーロン・マスクや、サンディ・ムンロなどの専門家によれば、モデルYのリアアンダーボディ(鋳造された一体型部品)は70個の部品を置き換えています。これにより、電気自動車のクロスオーバーの生産工程が簡素化され、コストも最適化されていくということです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

この翻訳だけでは少し分かりにくいですが、テスラは日常的にこういった基本的な技術革新を積み重ねている好例だと思います。(それ故、不具合も多く発生しますが)
非常に簡単に言いますと、たくさんの部品をつなげて、組み合わせるよりは一体成型(巨大アルミダイキャスト:鋳造)の方が品質も高く、手間も少なく、コストも安価になるので、モデルYではリアアンダーボディに加えて、フロントアンダーボディでも実現しましたって事です。
このあたりの詳細は、「EVsmart」さんのブログに詳しいので、以下を参照いただければと思います。

モデルYは大きすぎるので、モデル3でもこの工程を早く入れて欲しいものです。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました