テスラFSDベータ10.1は、「後ずさり」が可能に!

fsd-beta-v10-2 TESLA News
https://youtu.be/VttbZAr1TBc
この記事は約3分で読めます。

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、このたび、この運転支援システムFSD(Full Self-Driving)をより人間に近い形で動作させるための、今後のFSDベータ機能のアップデートについて言及しました。

テスラの完全自動運転FSDは、最終的に有能な人間のドライバーに取って代わることを目的としています。現在の運転支援システムにはまだ改善の余地がありますが、FSDベータ10がこれまでのものよりもはるかに自信に満ち、スムーズに動作することは間違いありません。

イーロン・マスクCEOは、最近のツイッターへの投稿で、FSDベータ10.1は、より自信を持ってクリープ(ゆっくり前進)し、必要に応じてすぐに「少しずつバックすることができる」と述べています。

さらにマスクCEOは、FSDベータ10.1では、車両が危険を察知した場合、迅速な後退操作を開始すると付け加えました。

FSDベータ10.1では、より自信を持ってクリープし、危険を察知すると(人間のように)すぐに少しずつ後退していきます。

マイナーなアップデートかもしれませんが、FSDベータ10.1のリバース機能により、交差点でのパフォーマンスが向上する可能性があります。また、保護されていない左折時の車両の操作性も改善される可能性があります。マスク氏が述べているように、この後退操作は、人間のドライバーが同じような状況に直面したときに、通常どのように行動するかをモデルにしています。

テスラは、FSDベータ10.1の逆走機能を実装する際には、細心の注意を払う必要があります。急激な後退は、道路上の他の車両、特にテスラを直接追跡する車両からの強い反応を引き起こす可能性があります。しかし、テスラは安全性を重視しているため、FSDベータ10.1は後続車との距離を計算し、安全な距離を保って後退すると思われます。

テスラのFSDベータ10は先日リリースされました。

イーロン・マスクCEOのTwitterでの予測通り、この先進運転支援スイートは、これまでのものよりも大幅にステップアップしています。

今回のアップデートでは、米国で最も曲がりくねった道のひとつであるサンフランシスコのロンバード・ストリートを、FSDベータ版がシームレスに走り抜ける様子がわかりやすく紹介されています。曲がりくねった道に挑戦したこれまでのFSDベータ版とは異なり、FSDベータ10は人間のドライバーのように通りをナビゲートし、離脱することなくスムーズにドライブを終えました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

人間の運転では当たり前のことをシステムにさせるのは、非常に難しいのだろうと想像できます。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました