テスラ、完全自動運転 FSDベータ10リリース、驚きの性能向上!

fsd-beta-v10 TESLA News
この記事は約4分で読めます。

テスラCEOのイーロン・マスク氏が先日約束した通り、テスラは週末にFSDベータ10をテスターに提供開始しました。

まだリリースされたばかりなので、この先進運転支援システムの動画はほとんど公開されていませんが、一部のFSDベータテスターからのコメントによると、V10は現行のV9.2と比較して、いくつかの顕著な改善が見られるとのことです。

FSDベータ10は、ソフトウェアアップデート2020.24.15の一部として提供されており、リリースノートも現行バージョンと同じものが掲載されています。

新たにリリースされたアップデートの最初のクリップを見ると、FSDベータ10ではまず、いくつかのUIの変更が行われているようです。例えば、ドライビング・ビジュアライゼーションが明確に変化し、ディスプレイの左側のアイコンがモデル3とモデルYのために再配置されています。

性能面では、多くのFSDベータテスターが、自分の車が以前よりも経験豊富なドライバーのように振る舞うようになったと言及しています。

モデル3で2020年10月からFSDベータプログラムに参加しているTesla Raj氏は、最初のドライブの後、自分の車の高度な運転支援システムがより良く、よりしっかりした感じがすると述べています。交差点やロータリーも、FSDベータ10では非常にスムーズに処理されるとのことです。

しかし、一部のテスターは、FSDベータ10の高速道路でのパフォーマンスが、オートパイロットでのナビゲーションと非常によく似ていると述べています。

もちろん、FSDベータ10の改善点が単なる改良に過ぎないというわけではなく、より困難な状況下でこのアップデートがどのようなパフォーマンスを発揮するのかは、まだわかりません。これらのテストは、FSDベータテスターが新たにリリースされた運転支援システムの限界に挑戦するために、今後数日間で行われ、共有されることになるでしょう。

興味深いことに、多くのFSDベータテスターが、このアップデートは、すでに印象的だった前モデルよりもシステムが非常にスムーズで自信に満ちたものになっているという点で、実際に非常に心を揺さぶられると述べています。

このことを示唆しているのが、FSDベータテスターのAI Addict氏がYouTubeで公開している、サンフランシスコのロンバードストリートでのV10のテストです。ロンバード・ストリートでのテストは圧倒的な成功を収め、FSDベータ版10は曲がりくねった道を自信を持って、一度も離脱することなくナビゲートしました。

FSD Beta 10がロンバードストリートに挑んだ映像は以下をご覧ください。

イーロン・マスクCEOは、FSDベータ10についてかなり興奮しており、楽観的で、このアップデートは心を揺さぶるだろうと最近言及しました。FSDベータ10の出来次第では、テスラは約2週間後に次のアップデートであるV10.1をリリースするかもしれません。これらが問題なくリリースアウトされれば、数ヶ月前から約束されていた「FSDベータをリクエストできるボタン」をついにリリースすることができることになるでしょう。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

完全自動運転というのは無理がありますが、確かに前回のV9.2より進化していますね。「FSDベータをリクエストできるボタン」を日本でもサブスクで提供してもらいたいものです。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました