マスク氏、完全自動運転 FSD V10は「心を揺さぶる」アップデート!

fsdv9 TESLA News
この記事は約3分で読めます。

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、今週の金曜日に予定されているFull Self-Drivingバージョン10のロールアウトと、FSDベータのテストグループをどのように拡大していくかについて、新たなアップデートを行いました。

FSDベータプログラムは2020年末に開始され、少数のテスラのドライバーに、テスラの最先端のFSDソフトウェアを体験する機会を与えました。それ以来、テスラは、この自律走行ソフトウェアがソフトウェアアップデートによって改良されていく中で、より多くのデータを分析するためにテストグループを拡大してきました。

9月1日、マスクCEOは、FSDベータ10を9月10日(金)にリリースし、その2週間後に「リクエストボタン」を公開することを発表しました。このボタンがあれば、テスラのFSDスイートを利用しているドライバーは、ベータプログラムに参加することができます。

マスクCEOは、FSD 9.2があまり「素晴らしいものではない」と述べた後、新しいベータ版FSD V10がドライバーにとってどれほど良いものになるかについて、言及しました。

マスクCEOは、FSD V10 「あなたの心を揺さぶる」と述べています。

テスラはこの9ヵ月間、完全自動運転の実現に向けて多くの改善を行ってきました。リリースを重ねるごとに自動運転性能の精度を高め、新たな運転動作を追加してきました。

テストドライバーは、テスラが改善すべき点について正直に話し、テスラはその意見に耳を傾け、車が自分で運転できるレベル5の自律性に到達できるよう、できるだけ早く改善しようとしています。

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、明日リリースされる予定のFSD V10ソフトウェアのレビューに加えて、最大限の安全性を確保するためにFSDテストグループを徐々に拡大していくことを述べました。

テスラは、自動車の専門知識を駆使して可能な限りの安全性を確保しており、FSDテストグループは開始当初から比較的限定的で、少数になっています。

テスラは、より多くのデータが同社のニューラルネットワークに入力されることで、ベータプログラムをより充実したものにする準備ができているのかもしれません。ニューラルネットワークは、実際の走行から得られた様々なデータを蓄積し、このFSDスイートの精度を高めます。

最近、テスラのファンの間で話題になっている「FSDボタン」は、数ヶ月前から開発されていました。残念なことに、FSD関連の進展は遅れており、テスラはFSDテストグループを拡大する前に、このスイートの中で物事がより強固に、安全になるのを待っていたようです。

FSD V10は「あなたの心を揺さぶる」とマスク氏がツイートしている今、テスラはこのボタンを自動車に搭載する時が来たと感じているに違いありません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

「心を揺さぶる」アップデートに期待ですね。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました