テスラ、米国でのFSDベータ10のリリースは来週末?

fsd-beta-v9-2-2 TESLA News
この記事は約3分で読めます。

イーロン・マスク氏は、テスラが来週金曜日の深夜にFSDベータ10をリリースする予定であることを発表しました。1週間前、マスク氏は、テスラが先週予定されていたV9.3のリリースをスキップした後、FSDベータ10は今週中に公開されるとツイートしていました。

fsd-beta-v9-2-2
https://youtu.be/mkya1tgSD0M

FSDベータ10のロールアウトに関するマスク氏の説明によると、2週間待つ価値があるかもしれません。彼は、FSDベータ10では、テスラのFSDベータ9.2よりもいくつかのUIが改善されると述べています。

FSDベータ10は来週金曜日の深夜にロールアウトします。
約2週間後のベータ10.1では、一般人が参加リクエストボタンを押すのに十分な性能になっていると思われます。

FSDベータ9では、「マインド・オブ・カー」ビューなどのクールな新機能が導入され、テスラ車が周囲をどのように見ているのか、道路をどのようにナビゲートしているのかを、ドライバーや同乗者がより洗練された視点で見ることができるようになりました。また、V9のリリースでは、運転中のドライバーの注意力をキャビンカメラで監視することを強調しました。

今後のFSDベータ版では、どのような新機能やアップデートが導入されるのか注目されます。テスラは、ピュアビジョン(レーダーなどのセンサーを使わないカメラ映像だけ)に頼るようになってから、これまで以上に完全な自律走行の実現に近づいているようです。

イーロン・マスクCEOはさらに、FSDベータ10によってテスラは「リクエストボタン」のリリースに近づき、より多くの人が新しい完全自動運転のアップデートに早期にアクセスできるようになると述べています。マスク氏は、その次のアップデートのFSDベータ10.1が 「リクエストボタンの公開に十分な性能を持つ」だろうと述べています。

Ivan Escobosa
FSDベータ10.1アップデートをアーリーアクセスの全ての人にお願いします。
イーロン・マスク
それが実現できることを願っていますが、慎重にならざるを得ません。テスラでは常に安全が最優先されます。

NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)の調査がオートパイロット機能について重点的に行われている中、テスラは安全性を重視してFSDのアップデートを慎重にリリースしているようです。

イーロン・マスクは、自身のツイッターの中で、テスラがFSDベータ版をカナダなどの他の国に公開する前に、まずソフトウェアが正常に動作することを確認し、広範なテストを行い、規制当局の承認を得る必要があると指摘しています。

マスクは、FSDベータ版がカナダで利用可能になるのは数ヵ月後になると見積もっています。

「安全でありながらより速く走れるなら、そうします」と彼はツイートしています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

「イーロン・タイム」だと1ヶ月後くらいかな?

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました