テスラ中国、8月の販売台数は過去最高の4.4万台、前月比34%増!

giga-shanghai01 TESLA News
この記事は約3分で読めます。

テスラ中国の8月の輸出台数が発表され、ギガファクトリー上海がテスラの主要な車両輸出拠点として順調に推移していることがわかりました。

8月で過去最高、前月比34%増加

中国乗用車協会(CPCA)が水曜日に発表したデータによると、テスラは8月にギガファクトリー上海から31,379台の車両を輸出しました。国内販売の12,885台と合わせて、テスラ中国の2021年8月の実質的な販売台数は、前月比34%増の44,264台となりました。

先月のテスラの中国での納車台数は、2021年7月の結果と比較すると非常に素晴らしいものです。

7月のテスラの販売台数は合計32,968台で、そのうち24,347台は海外に輸出されました。国内での販売台数は8,621台で、内訳はModel 3が6,477台、Model Yが2,144台となっています。

各種の困難を克服

テスラの8月の数字は、同社が8月に深刻なチップ不足に直面したことを考えると、非常に素晴らしいものです。このチップ不足は顕著で、ギガファクトリー上海は4日間操業を停止しなければなりませんでした。このハンディキャップがなければ、テスラ中国の8月の数字はもっと素晴らしいものになっていたかもしれません。

なお、テスラ中国の8月の数字は、熱心なTSLA株強気派の予想よりもさらに素晴らしいものとなっています。TSLA株強気派の筆頭、@TroyTeslike氏の予測は、長年にわたって非常に正確であることが証明されていますが、彼はギガ上海の合計台数を37,694台と予測しており、その予想の時点でかなり強気な予想でしたが、今回はこれをも上回る非常に素晴らしい結果です。

国内販売は四半期末に集中

8月の輸出台数が国内販売台数を大幅に上回っていることから、テスラ株の弱気派は、同社の自動車に対する中国国内需要が枯渇していると主張するでしょう。

テスラはギガファクトリー上海での生産を四半期の最初の2カ月間に集中させる傾向があります。その結果、テスラ中国の9月の数字は、国内市場に重点を置いたものになり、海外に送られる車両はわずかなものになると思われます。

テスラ中国がすでに国内市場への参入に力を入れていることを示す兆候は、ギガ上海の敷地をドローンで撮影した最近の映像に現れています。上海の電気自動車工場を撮影した動画にもあるように、ギガ上海は現在、Model 3とModel Yを大量に生産する工場として、活気に満ちています。

また、工場内には多数の自動車運搬用トラックが見られ、地域の配送センターに自動車を運ぶために待機しているようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

サプライチェーンの課題をどのようにクリアしているのかは不明ですが、素晴らしい勢いです。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました