テスラ、欧州・アジアでFSDベータのテストを開始!

fsd-beta-v9-signals1 TESLA News
この記事は約4分で読めます。

テスラは欧州でFSDベータ版のテストを開始したと報じられており、これはイーロン・マスクCEOが以前から望んでいたように、年内に欧州で新しいソフトウェアを展開することを示唆しているのかもしれません。

このニュースは、テスラが欧州のいくつかの国や中国、日本で先進運転支援システム(ADAS)のテストを行うために従業員の募集を開始したことからも裏付けられます。

6月初旬、テスラはADASチームのテスターを世界各地に拡大することを発表しました。

これにより、カナダ、スペイン、フランス、イタリアの候補者が応募し、テスラの関係者となって完全自動運転(FSD)に向けて、現在および将来のすべてのオートパイロット機能の車両レベルのテストを迅速に行うことができる体制が整っています。

テスラはその後、中国と日本でも同様の募集を行いました。

テスラは、自律走行システムの開発・改良に積極的に取り組んでいます。この1年で大きな進歩を遂げ、自律走行をさらに進化させたFSDベータ版(現在はV9.2)をリリースすることができました。

また、オートパイロットとFSDがカメラのみで動作し、レーダーを必要としないテスラビジョン(ピュアビジョン)で実現しようとしています。

現在、テスラは米国内に広くFSDテスターを配置していますが、同社の計画は決してそれだけではありません。世界中で使用できる自律走行システムを開発するために、テスラは欧州とアジアのいくつかの国でADASテストオペレーターの募集をしています。

現在、バルセロナ、パリ、上海、東京で募集中で、ミラノとトロントのポジションは、2021年6月にはあったものの、現在はサイト上に掲載されていません。

どの都市も交通量が多く、それぞれの国で理想的なテスト環境となっています。

職務内容によると、ADASテストオペレーターは、反復的にソフトウェアの改善点や回帰点を特定する責任があるとされています。

そのためには、国内外のさまざまな場所に出向く必要があり、また必要に応じて、公道、テストトラック、試験場の両方で車両をテストしなければなりません。

職務内容は以下のとおりです。

  • 現地を調査し、オートパイロットテストのためのシナリオを想定したルートを設計する
  • XRAYなどのツールを用いて、テストスペックの設計や判定基準の作成を行う
  • 最新のオートパイロットバージョンやその他の関連する車両機能を研究し、熟知する
  • テスト仕様に沿った実走行テストの実施、および特別に依頼されたシナリオへのアドホックなサポートの提供
  • テストデータの分析、ソフトウェアの問題や車両の異常な動作のトリアージを、テスラが社内で設計した独自のソフトウェアツールを使って行う
  • 開発者やテストエンジニアとのコミュニケーションを図り、必要に応じて質問やコメントを受け付ける
  • テスト車両の状態を維持・記録し、必要に応じて修理・改修を調整する
  • 必要に応じて、その他の車両エンジニアリングテストをサポートする

また、ハッカーの@greentheonly/Twitterは、欧州と中国でのFSDベータ版のテストがすでに進行中であることを確認しました。

これらのテスターは全員NDAを締結しているため、動画の公開や活動の宣伝はしていないことを明らかにしました。

マスクCEOは3月に、FSDベータ版のQAテストが終了した時点で、欧州での使用を許可するよう各地域の規制当局に要請すると述べていましたが、これはすでに実施されています。

したがって、テスラはすでに欧州の一部の国でソフトウェアをテストするための承認を得ており、今後数カ月のうちにそこでFSDベータ版を展開できる可能性が高いと考えられます。

以下は、欧州でのFSDベータテストの状況です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

普通に考えて、交通事情は各国様々なので、きちんとしたローカライズが必要だと思うのですが、日本ではまだまだテスラが売れていないので「フリート」の規模が少なくニューラルネットワークによる学習が「未熟」なような気がします。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

紹介プログラムは2021年9月18日をもって終了しました

タイトルとURLをコピーしました