テスラ、FSD Ver.9「ピュアビジョン」で3週間以内に発売予定!

tesla-purevisionTESLA News

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、本日未明にツイッターで、同社が次にリリースする「完全自動運転ベータ版」(FSD beta9.0)のソフトウェアは、テスラが最近採用した「ピュア・ビジョン」アプローチに基づくものになるとツイートしました。マスク氏はまた、「今週、ピュア・ビジョン製品のリリースをもう1回行った後、2〜3週間で新しいリリースが可能になる」と述べています。

テスラの完全自動運転プログラムは、自律走行分野で最も複雑で強固なものの一つです。過去数年間、テスラは車両に装備された一連のカメラとレーダーセンサーを利用して道路など周辺環境を識別し、ドライバーの干渉を抑制して道路を走行してきました。テスラは完全な自律走行ではありませんが、いくつかの運転支援機能や半自律走行が可能であり、それらはすべて利用可能で、それらを利用する多くのオーナーから高い評価を受けています。

最近、テスラはレーダーを捨てて、カメラを使ったアプローチを選択しました。マスク氏は数四半期前からこの話をしていましたが、テスラは数週間前にようやくモデル3とモデルYにビジョンベースのアプローチを採用しました。

テスラビジョン」と名付けられたこのシステムは、FSD(Full Self-Driving:完全自動運転)の精度を高めるための確実な方法としてカメラを採用しています。レーダーはテスラの「視覚の不足」を補ってくれますが、カメラを使ったアプローチは必要不可欠だとマスクは言います。

2021年第1四半期決算で、マスクは次のように言っています。

レーダーがなくなることで、最後の松葉づえのようなものがようやくなくなったと思います。レーダーは、視覚の欠点を補ってくれていましたが、これでは困ります。実際には視覚があれば十分なのですから

現在、テスラは今週中にピュア・ビジョン型のクルマの量産車をもう1台発表する予定で、FSDベータVer.9.0は1〜2週間後に利用可能になる予定です。

これまでにもマスク氏は、Ver.9.0のリリースは1〜2週間後だと述べており、テスラが実際にこれを達成できるかどうかを判断するのは困難です。実際に実現しようとすると、この1週間でテスラは大きな仕事をこなさなければなりません。テスラは、フリーモント工場で、新しいモデルSプレイドの納車イベントも開催しなければなりません。

テスラはこれまで、FSDとオートパイロットの機能について、非常に慎重な姿勢を貫いてきました。マスク氏は以前、FSDが一部の国ではしばらく利用できないことを挙げていましたが、それは道路ルールの違いが大きな問題だったからです。慎重なリリースは、特に批判や懐疑的な意見が多い分野では、テスラ車をより安全なものにしているとも言えます。

オーナーの中には、「ピュア・ビジョン」搭載車がFSDの性能においてレーダー搭載車よりも優れていると述べている人もいます。マスクが高く評価している改良点が今後数週間のうちにリリースされれば、テスラは年内にレベル5自動運転に到達するという目標を達成できるかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

何回延期するのかと思いきや、FSDの次のバージョンは、ピュアビジョンになるとのことで楽しみです!

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

tesla_bannar
http://ts.la/seikai44555

オンラインでの購入に無料特典の追加を(私のでなくても構いませんので)お忘れなく!

タイトルとURLをコピーしました