イーロン・マスク FSDベータ版V9のリリース情報をツイート!

Tesla-full-self-drivingTESLA News

イーロン・マスクは先日、テスラが近日中にリリースするFSDベータ版バージョン9のいくつかの重要なアップデート情報を公開しました。この待望のアップデートは、これまでいくつかの遅延が発生していましたが、この堅牢な運転支援システムにいくつかの重要な改良が加えられる予定です。

イーロン・マスクは最近のツイートで、テスラがFSDベータ版からレーダーを削除することに注力してきたことを説明しました。これにより、高度な運転支援システムの性能が大幅に向上することになります。マスクは、FSDベータ版V9のリリースが、少なくとも米国内のテスターに対しては来週にも行われるだろうと述べています。

「レーダー除去と安全性の確認に注力する必要がありました。このリリースは来週、米国のプロダクションに送られます。その後、1~2週間でピュアビジョンFSDを磨き上げ、v9ベータ版をリリースします。V8とV9の違いは巨大です」とマスクはツイートしています。

イーロン・マスクはここ数カ月、テスラがピュア・ビジョン・システム(視覚=カメラに依存した自動運転)に移行することを強調してきました。3月には、「ピュア・ビジョン」こそが 「現実世界のAI」への道であると述べています。
その後マスクは、ビジョンはレーダーよりも「はるかに精度が高く」、カメラはレーダーよりも数桁多いビット/秒を持っていると説明しました。カメラは、ビジョンの処理が向上すれば、レーダーを置き去りにすることができます。

興味深いことに、イーロン・マスクは、テスラのビジョンオンリーのアプローチによって、オートパイロットが橋や陸橋に遭遇したときに起こるファントムブレーキ(脅威が無いのに急ブレーキがかかる現象)のような問題が取り除かれるはずだと言及しています。
また、FSDベータV9の拡張は、今から1〜2ヶ月後に行われるべきだと説明しています。更に加えて、運転支援システムのワイドベータ版のリリースを正確に予測するのはかなり難しいと認めています。

「ワイドベータから1〜2ヶ月は経っていると思います。しかし、こうしたことを正確に予測するのは難しいことです。ピュア・ビジョン・ドライビングのためにしなければならなかった作業は、FSDのためにも必要だったので、見た目よりもずっと多くの進歩があったのです」とマスクは述べています。

最後に、イーロン・マスクは、スマート・サモン(離れた場所からテスラを呼び出す機能)など、欧州でのFSD機能のリリースについて速報しました。マスクは、FSD機能のリリースについて楽観的な見方をしていましたが、その時期についてはかなり慎重な見方をしていました。しかし、欧州では、スマート・サモンのような機能はFSDのリリースと並行して行われるべきだ、と述べました。

テスラがピュア・ビジョン・アプローチに移行することで、オートパイロットとFSDスイートが現在直面している課題を克服できるかどうかはまだわかりません。しかし、3月に公開された特許では、2つのニューラルネットワークを用いて、画像データのみで物体の距離を正確に測定するシステムが記載されており、同社は以前からカメラのみのシステムを検討していたようです。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースを随時アップしていますのでこちらを参照ください。

tesla_bannar
http://ts.la/seikai44555

オンラインでの購入に無料特典の追加を(私のでなくても構いませんので)お忘れなく!

タイトルとURLをコピーしました