テスラは間もなく目的地から到着地まで全自動に、スマートサモンとドライバーレス・オートパークが登場

tap-to-parking TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

春のソフトウェアアップデートとFSD V12.4を間近に控えたイーロン・マスク氏は、間もなくスマートサモンとバニッシュ(オートパーク)が登場すること、そして新しいビジョンベースのオートパークへの他のアップデートもあることを明らかにしました。

目的地に自動駐車するFSD

FSD v12.3.6では、これまで対応していなかった超音波センサー(USS)搭載車のための新しいビジョンベースのオートパークが含まれています。しかし、マスク氏の投稿によると、FSDは目的地に到着すると自動的にオートパークモードに入ります。これにより、現在のFSDの機能がオートパークと統合され、空きスペースを探して駐車場を巡回する機能が追加されることになります。

間もなく登場する「バニッシュ」オートパーク

sumart-summon
https://youtu.be/nh4nOSPBtNA

スマートサモンとバニッシュ・オートパークは、マスク氏の最近のXの投稿によると、車を駐車スペースに送迎する機能で、間もなく登場する予定です。

バニッシュ・オートパークは、以前はリバース・サモンとして知られていましたが、「ドアに最も近い」、「カートリターンの近く」、「駐車場の端」など、さまざまな駐車オプションが含まれる見込みです。これは、車両が自動的に駐車スポットを見つけ、自分で駐車しながら、場所の入り口で所有者を降ろすことになります。マスク氏が以前話していたように、少なくともこれがテスラの自動運転なのです。バニッシュ・オートパーキング機能が、今回のソフトウェアでこれらの機能をすべて含むのか、それともテスラが徐々に機能を追加していくのかは不明です。今わかっているのは、テスラはドライバーがいなくても車両が勝手に駐車することに取り組んでいるということです。ドライバーは駐車スポットを見つけ、それを選択し、車両を降りてから車が自動で駐車します。これは狭い場所での駐車に非常に便利かもしれません。

USS非搭載車にもスマートサモン

一方、スマートサモンは、現在、超音波センサー(USS)を搭載した車で利用できる既存のスマートサモン機能のアップデートです。実際にスマートサモンは、USSの無いカメラのみの車にもその機能をもたらす見込みです。

テスラの伝統的なやり方では、テスラはすでに持っているものをベースにしています。テスラが最初にリリースしたサモンは、車両を直線的に前進または後退のみさせるものでした。その後テスラは、障害物をナビゲートしながら車両を目標に向かって移動させるスマートサモンをリリースしました。

リリース予定

マスク氏は以前、FSD V12の今後のアップデートについて、様々な改善に焦点を当てたものになると述べています。V12.4はユーザーの快適さに焦点を当て、V12.5はより複雑なシナリオに焦点を当てます。

これら2つの主要なFSDバージョンのアップデートは、おそらく年末まで続くでしょう。バニッシュ・オートパークは、快適性の改善として、おそらくv12.4に近い時期に現れ、一方、リバース能力に依存する「本物の」スマートサモンは、FSD V12.5に現れるかもしれません。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました