大方の予想通りテスラがスーパーチャージャー・チームのレイオフの一部を撤回し、幹部を再雇用

elon-musk-cosplay TESLA News
スポンサーリンク

テスラは、スーパーチャージャー・チームのレイオフの一部を撤回するとの情報が舞い込んできました。テスラは、スーパーチャージャー・ネットワーク構築事業の最も重要な部分の一つで重要な幹部を復帰させました。

レイオフの一部を撤回

テスラは4月、2人の重要幹部を含むスーパーチャージャー・チームの多くのメンバーを解雇しました。これは、北米充電担当ディレクターだったマックス・デ・ゼーガー氏と、充電チームのシニア・ディレクターだったレベッカ・ティヌッチ氏です。

しかし、大方の予想通りテスラはこのレイオフの一部を撤回し始めているようです。

ブルームバーグの新しいレポートによると、テスラは今月初めに解雇されたマックス・デ・ゼーガー氏を呼び戻したとのことです。確かに彼のリンクトイン・ページには、テスラがEVインフラを独占している北米市場の充電担当ディレクターとして掲載されています。

テスラの充電チームを基本的に上から下まで「抹殺する」というマスク氏の動きに、多くの人は同意しませんでした。その結果マスク氏は2022年に購入したソーシャルメディア・プラットフォーム「X」上で、ファンや投資家からの反発に直面しました。

マスク氏の直感的な反応は間違い

evpoint-v4-supercharger-02
https://twitter.com/evpoint_uk

充電はEV所有体験の重要な部分であり、人々が他のメーカーではなくテスラを選択する主な理由の1つです。しかし、テスラが北米充電スタンダード(NACS)を採用したことで、15社以上の自動車メーカーがスーパーチャージャー・ネットワークにアクセスできるようになりました。

今年3月のフォードを皮切りに、各自動車メーカーが続々とアクセス権を獲得している状況です。今後2年間で、さらに多くの企業がスーパーチャージャーへのアクセスを獲得する予定であったことを考えると、スーパーチャージャーの増強の一時停止は最悪のタイミングであったようです。

マスク氏は、テスラはまだ「スーパーチャージャー・ネットワークを拡大する予定だが、新しいサイト開設についてはペースが落ちる」と述べました。さらに、同社は「100%の稼働率と既存ロケーションの拡大」に注力するとのことでした。

マスク氏の直感的な反応は間違いだったかもしれません。先週、彼はテスラが「スーパーチャージャー・ネットワークを拡大するために5億ドル以上を費やし、今年中に何千もの新しい充電器を設置する」とも述べていました。

おそらくテスラとマスク氏は、これらの計画を実行するためには、エンジニア、幹部、その他のチームメンバーの適切なチームが重要であることに気づいたのだと思います。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました