テスラの自動運転ソフトウェアFSDのあまり語られない潜在的な可能性

tesla-model-s-red TESLA News
https://youtu.be/AviBGkm3Bpg
スポンサーリンク

テスラの完全自動運転(FSD)は運転をより便利で快適なものにし、今後完全に洗練されれば、道路環境をより安全にする可能性を秘めています。しかし、FSDの利点はそれだけではありません。テスラが最近のソーシャルメディアで強調したように、FSDには自動車を操作するのが難しい人々に移動手段を取り戻す能力を与えることができるのです。

天からの贈り物

テスラの公式アカウントは、父親が所有するテスラの写真を投稿したシャディ・マッツィーニの投稿に反応しました。マッツィーニ氏は、足が不自由な父親がおり、特別にあつらえた運転用器具を使って車を操作していると述べました。しかし、FSDを使用することで、彼の父親はずっと楽に運転できるようになったと報告されています。

「私の父のような人にとっては、ほとんど天からの贈り物です。」

テスラは、FSDの最も崇高で、最も過小評価されている目標の1つを引用投稿で強調しました。

「多くの人々が移動の困難に直面し、環境に適応する方法を見つけることで、必要な場所に行くことができます。監修型FSDと自動運転で実現するのは、すべての人が利用しやすい交通手段です。」

FSDは人生を変える

今日のFSDに関する会話を見ると、先進運転支援システムが提供できる利便性に多くの焦点が当てられていることがわかります。そして、多くの点で、これは真実です。FSDを作動させれば、運転はずっと楽になり、長時間の移動でも疲れはずっと少なくなります。もちろん、それは十分に素晴らしい目標ですが、テスラの最近の投稿は、FSDには多くの人が考えもしないような利点がある可能性を示唆しています。

興味深いことに、そのようなシナリオは2018年10月にテスラファンによって提示されました。当時、テスラ愛好家で映像作家のトロイ・エドワード・ニコリックは、FSDのようなシステムがどれほど人生を変える可能性があるかを示すファンメイドの動画広告を作成しました。広告自体は5年以上前のもので、FSDベータ版が登場するずっと前に作成されたものですが、そのメッセージは明確でした。

FSDは人生を変えるでしょう。おそらく、私たちの想像を超える方法で。

ニコリックが2018年に制作したファンメイドのFSD広告を以下の動画でご覧ください。

この記事はこの投稿を引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました