テスラ、北米でモデルY RWDのオーディオシステムを「ステルス」ダウングレード

TESLA News
スポンサーリンク

テスラは先週、ウェブサイトをいくつか変更し、EPA(米国環境保護局)定格航続距離を引き下げたほか、モデルYにステルスグレーとウルトラレッドをの新色を追加しました。

「カスタム・オーディオ」

テスラがモデルY RWDを最初に発売したとき、この電気SUVにはロングレンジ(LR)およびパフォーマンス・ヴァリアントと同じプレミアム・オーディオ・サウンドシステムが搭載されていました。テスラは通常、エントリーレベルのグレードであるRWDにオーディオシステムの縮小版を搭載し、プレミアムオーディオは上位グレード用に確保しているため、これはちょっとした驚きでした。モデル3 RWD(旧スタンダードレンジ・プラス/SR+)の場合はもう少し複雑で、同じスピーカーがすべてインストールされていましたが、いくつかのスピーカーはソフトウェア的にオフにされていました。

tesla-interior-cg
Credit:Tesla

プレミアム・オーディオ・サウンド・システムには15個のスピーカー、2個のアンプ、1個のサブウーファーが搭載されていましたが、2021年後半にセンター・インストルメント・パネル・スピーカーが廃止され、スピーカー数は14個に減少しました。

しかし、オーディオシステムに対する最新の変更は、おそらく目立つことになるでしょう。オンラインのデザインスタジオによると、モデルY RWDには7つのスピーカー、1つのアンプ、サブウーファーが搭載されます。テスラはこのシステムを「カスタム・オーディオ」と呼び、カナダと米国の両方で販売されるモデルY RWDに適用されます。

モデルY ロングレンジとパフォーマンスは、13スピーカー、1サブウーファー、2アンプと記載されています。

ギガ上海またはギガベルリンで生産される欧州モデルY RWDは、プレミアムオーディオサウンドシステム搭載と記載されています。

テスラのウェブサイトには、モデルY RWDに7つのスピーカーが残っていることは明記されていません。この変更がウェブサイトに追加されたのがここ数日であることを考えると、私たちが詳細を知るには、ダウングレードされたサウンドシステムを搭載した最初の納車が行われるまで、おそらくあと1週間以上かかると考えられます。

この記事はこの投稿を引用・翻訳・一部補足・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事は主にテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。また、記事の正確性を保証するものでもありません。掲載情報によって起きたいかなる直接的及び間接的損害に対しても、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました