テスラ サイバートラックは「カルトカー」、販売台数は少ないと予測:モルガン・スタンレー

tesla-cybertruck-prototype TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラのサイバートラックが、待望の今夏の生産開始に向けてますます近づいている中、金融アナリストが、このサイバートラックの重要性と社会的地位について意見を述べています。

Investing.comに掲載された記事の中で、モルガン・スタンレー証券は、テスラの株式について、オーバーウエイトの格付けと220ドルの値付けを再度行い、証券アナリストは、アメリカのEVメーカーが毎年数十万台のサイバートラックを販売するかもしれないという意見が多い中、この非常に特異なデザインの電動ピックアップトラックは「年間5万台程度の販売台数となるマニア・カルチャーカーになるだろう」と意見を述べています。

cybertruck-10
Credit:Tesla

このコメントは、テスラのサイバートラックが2019年に公開されて以来、160万台以上の予約注文が報告され、ネット上では多くの宣伝が行われ、多数のリーク情報や開発中のプロトタイプの写真がソーシャルメディアに定期的に投稿されているにもかかわらず、テスラ自身は、今年の夏に生産開始予定である以外は、すべてに関して非常に口が堅いということだ。

「このトラックの最も興味深い特徴のひとつは、外装のどこにもテスラのエンブレムがないことです。このトラックは、テスラを象徴するものであり、自動車メーカーとしてのあり方のさまざまな側面を刷新し、限界に挑戦するために、テスラが取ることをいとわないリスクを表しています。サイバートラックは、経済的な意味よりも、文化的な意味、時代精神的な意味において、より大きな価値を持つと私たちは感じています。同時に、読者の皆さんには、「保護者会や少年サッカーの試合に、何台のサイバートラックが同時に乗り付けても、何とも言えない 「何か」が失われることはないのか」と自問していただきたいと思います。

つまり、モルガン・スタンレーが言いたいのは、多くの人がこの電動ピックアップの型破りなデザインを気に入っているようでも、街中に出て日常生活の一部となれば、その魅力の一部を失ってしまうかもしれないということです。

「このトラックは本物で、先週はオースティン工場の裏で、このトラックと一緒に楽しい時間を過ごしました。しかし、財政的には、これは今日のテスラのストーリーの「サイドショー」になってしまうかもしれません」

テスラサイバートラックは、今年の夏に限定生産される予定で、来年には本格的な生産に移行する見込みです。これを実現するために、テスラは採用活動を強化し、公式オンラインキャリアページにサイバートラック関連の募集をいくつか掲載しています。

この記事はこの投稿を引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事はテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。掲載情報によって起きた直接的及び間接的損害に関して、筆者・編集者・運営者は一切責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました