EV激戦区、米国カリフォルニア州でもテスラが他社を圧倒

model-y-model-3 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラの米国カリフォルニア州における驚異的な販売台数は、他の多くのEVの選択肢が存在するにもかかわらず、テスラが依然として理想的で圧倒的な選択肢であることを示しています。

米国カリフォルニア州エネルギー省が発表した販売台数によると、テスラは2022年にカリフォルニア州で21万2586台を販売し、全メーカー合計で29万2496台のバッテリー電気自動車(BEV)のうちのなんと73%弱を占めたということです。このうち、モデル3はモデルYを僅差で上回り、94,683台を販売しました。モデルYは年間販売台数93,872台を記録した一方で、モデルX(13,319台)とモデルS(10,712台)は引き続き同社の販売台数の中では、それほどの規模ではありません。

tesla-model-3-three
テスラモデル3

メーカー別登録台数の2位と3位はそれぞれBMW(15,057台)とフォード(14,517台)で、X5(4,346台)とマスタング・マッハE(9,860台)が両社の売れ筋であることがわかります。

ロイター通信によると、米国でのゼロエミッション車販売台数の40%をカリフォルニア州が占めているということです。一方、モーター・インテリジェンス(WSJ経由)によると、昨年米国で販売されたBEV80万7180台のうち、カリフォルニア州で販売されたBEV29万2496台は、昨年の米国EV市場シェアの36パーセントを占めたということです。

BEV市場全体におけるテスラの優位性は見事なものだが、カリフォルニア州のようなEV激戦区での優位性は、他社を圧倒している証といえるでしょう。カリフォルニア州には、リビアン、ルーシッド、フィスカーなど、新興大手EV企業が数多く存在します。これに加えてフォードのような既存の自動車メーカーやBMWのような有名な高級ブランドが競争力のある選択肢を提供しているにもかかわらず、カリフォルニア州のユーザーはテスラを選ぶことが多くなっています。疑わしいのは、その理由です。

テスラのこの分野での最大の強みは、現在テスラ車専用となっているスーパーチャージャー・ネットワークだろう。テスラはスーパーチャージャーを他のEVブランドにも開放する可能性があると報道されていますが、現在のところテスラだけに閉ざされたままです。多くの実績のない小さなインフラ企業が存在する中で、オーナーは利便性と可用性を求めています。

テスラはスーパーチャージャーネットワークの中でそれを提供しています。しかし、同社は市場で最高のEV技術も持っており、車両の性能は日常的に地球上で最高のものと考えられてきました。驚くべきは、競争が激化する中で、同社が圧倒的な市場シェアを維持し続けていることだ。

テスラは2022年の大半まで、需要が弱まるという報道を継続的に撃退してきた。2023年の初めにも、テスラは大幅な値下げを繰り返し、同社が苦境に立たされているという説を流布した。しかし、テスラは、サプライチェーンの問題により、より手頃な価格の車を提供する能力が制限される前と同様の価格に車を戻しつつある。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました