テスラのカリフォルニアEV市場シェアが低下、ライバルの台頭で:ロイター

tesla-ciie-model-y-model-x-03 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

ロイター通信が1~9月の政府データに基づき算出したところによると、米国カリフォルニア州の電気自動車市場におけるテスラ(TSLA.O)の圧倒的シェアは今年も低下し、ライバルメーカーがゲームを面白くさせている状況です。

カリフォルニア州エネルギー委員会の新車登録データによると、テスラは1月から9月にかけてカリフォルニア州のバッテリー電気自動車市場の73%を支配しましたが、2018年以降で最低の水準となりました。テスラのシェアは2021年に75%、2020年に79%だった。

カリフォルニア州におけるテスラのマーケットシェア
カリフォルニア州におけるテスラの販売台数

ロイター通信の計算によると、テスラの最初の工場(フリーモント工場)が立地しいているカリフォルニア州での販売額は、昨年のテスラの世界販売台数の15%を占めています。カリフォルニア州は、水素燃料電池やプラグインハイブリッド電気自動車を含むゼロエミッション車にとって米国最大の州であり、これらは今年のカリフォルニア州の新車販売額の18%を占めています。

テスラはこの重要な市場で前年同期よりも多くの電気自動車を販売したのですが、現代自動車(005380.KS)などのライバルは新型モデルの販売を強化し、購入者の選択肢を増やして対抗しています。

カリフォルニア州の自動車コンサルタント会社オートパシフィック社の調査によると、テスラもブランド検討のトップで、電気自動車購入希望者の53%が今年テスラを検討したということなのですが、これは昨年の前回調査の58%から減少しています。

「カリフォルニア州におけるテスラの市場シェアは飽和状態に達しています」と、オートパシフィック社のエド・キム社長は述べています。ライバルがシェアを奪い続ける一方で、彼はテスラの販売額はまだ伸びるとも予想しているようです。

テスラCEOのイーロン・マスク氏がツイッターを追いかけ、共和党員を受け入れていることから、特にカリフォルニア州のようなリベラルな州では、テスラのブランドに対する懸念が広がっています。

ガイドハウス・インサイツのアナリスト、サム・アブエルサミド氏は、ツイッターでのイーロン・マスクCEOの武勇伝が、これまでマスク氏と彼のクリーンエネルギー使命を支持していた一部のテスラ購入希望者を遠ざけた可能性があると述べています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました