テスラのヒト型ロボット「オプティマス」、独自のTwitterアカウントを開設

optimus-hand TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、テスラのスーパーチャージャーなどの他のプロジェクトに続き、ヒト型ロボット、オプティマス専用のツイッターアカウントを作成しました。

https://twitter.com/Tesla_optimus
危険な作業、反復作業、退屈な作業を行うことができる汎用二足歩行ヒューマノイドロボット

というのが、テスラオプティマスのツイッターアカウントの説明で、同社のウェブサイトにリンクしており、ロボットで働くための求人に応募できるようになっています。(米国カリフォルニア州パロアルトに27件の求人があります)。このアカウントは、2023年1月にツイッターを開始したと言っています。

このアカウントは、テスラ、イーロン・マスク氏そしてスペースXの3人をフォローしていますが、まだ、原稿執筆時点で最初のツイートは発信されていません。

2022年9月にテスラは、2回目となる人工知能イベント「テスラAIデー」でこのオプティマスのロボットプロトタイプを公開しました。

イーロン・マスク氏は、そのイベントでオプティマスの販売価格は2万ドル以下になるだろうと述べました。テスラのオプティマスの最初のプロトタイプは既製品の部品で作られたのですが、最新のプロトタイプはアクチュエーターを含む自社製の部品で作られています。テスラは、3〜5年後にオプティマスを市場に提供し、同社のオートパイロット・ハードウェアを動力源とするロボットを大規模に製造したいと考えています。

テスラのYouTubeチャンネルでは、昨日「テスラ・ボット、アクチュエーター・チーム」というビデオをYouTubeで公開し、オプティマスの社内開発について詳しく説明しています。

詳細は、以下で確認できます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました