テスラの新しいオートパイロット/完全自動運転ハードウェア(HW4/AP4)の詳細情報リーク!

tesla-hw4-ap4-camera-02 TESLA News
https://twitter.com/ChrisZheng001
スポンサーリンク

前方カメラを高解像度化したうえで、2つに減らしファンを追加、Bピラーカメラには新加熱装置を搭載へ。

米連邦通信委員会(FCC)に提出された書類によると、テスラは早ければ来週にも新しい高解像度レーダーユニットを発表する準備を進めており、それはおそらくハードウェア4またはオートパイロット4(HW4/AP4)と呼ばれる次世代自動運転コンピュータの一部を構成すると思われます。その発表をの直前に、中国からこれに関する情報がリークされ、HW4/AP4で期待できるカメラの変更点について、より多くの知見を得ることができました。

クリス・チェン氏(@ChrisZheng001)がツイッターで公開したギガ上海の内部文書によると、前方カメラは現在の3つのカメラ構成から2つのカメラに変更される予定だそうです。チェン氏によると、これは新しいカメラの画素密度と視野の拡大のためです。

高解像度カメラへのアップグレード

HW4では、高解像度のレーダーの搭載や500万画素のカメラが採用される可能性があることは以前お伝えしましたが、これは現在の120万画素から大きく性能が向上したものです。この500万画素カメラが今回のアップグレードではすべてのカメラに採用されているようです。

フロント3眼カメラから2眼カメラへ

また、その他のカメラもこの新型AP4カメラであることが明らかにされており、フロントバンパーに追加するとされていた新しいカメラは追加されていないようです。この文書には、新しいカメラハウジングを示す2枚の画像も含まれています。ドキュメントの翻訳によると、次のように書かれています。

フロント3眼カメラを2眼式のAP4カメラに変更。Bピラー/テールゲート/インナーバックミラーカバー/サイドリピーターカメラを全てAP4カメラに変更。
Credit:https://twitter.com/ChrisZheng001

前方カメラにファンを追加

前方カメラのもう一つの変更点は、ファンを搭載したことです。このファンの用途は、カメラを冷やすためなのか、カメラ前面のフロントガラスの曇りを防ぐためなのか、文書では詳しく説明されていません。

フロントカメラ位置の黒枠の形状を変更し、カメラファンを追加しました。フロントシールドの黒枠の外観が変更になりました。
Credit:https://twitter.com/ChrisZheng001

Bピラーカメラへのヒーター搭載

最後に、すべてのカメラをAP4カメラへのアップグレードと同時に、Bピラーに新しいヒーターデバイスが搭載されます。このデバイスは、特に寒い季節に頻繁に起こる、Bピラーが曇ったときにカメラが見えなくなるのを助けると思われます。また、カメラ周辺の穴の形状も、長方形から円形に変更されていることが、資料に掲載されている画像からわかります。

Bピラー外装パネルのカメラを変更したうえで、穴の形状を変更し、カメラヒーターデバイスを追加します。加熱機能はプロジェクトのフィードバック後に評価します。
https://twitter.com/ChrisZheng001

残念ながら、今回リークされた文書では、HW4/AP4の発表時期や、生産ラインへの追加時期については明らかにされていません。唯一、「Valid From」と書かれた欄に2022年6月10日、7月30日、8月10日と書かれており、テスラはこの日付からこの新しいセットアップをテストしていた可能性を示唆しています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました