テスラ、ソフトウェアアップデートでDolby Atmos導入へ

dolby-atmos TESLA News
Credit:Dolby
スポンサーリンク

テスラは先週、米国ピーターセン自動車博物館で、近日中にホリデーシーズンのソフトウェアアップデートを通じて、アップルミュージックを車に追加することを明らかにしました。

テスラのアップルミュージックのリリースノートには、ドルビー・アトモス(Dolby Atmos)についての言及はありませんでしたが、いずれはこの機能が搭載されることになりそうです。米BGRの報道によると、テスラは自社の車にDolby Atmosを追加するために「数カ月間」取り組んできたそうです。

匿名の情報源を引用したこのレポートは、テスラがDolby Atmosの導入を実現するために主要なレコードレーベルと協力してきたと話しています。

Dolby Atmosは、「高さチャンネル」を使用して音を3Dオブジェクトとして解釈するDolby社のサラウンドサウンドフォーマットです。ドルビーアトモスは2012年にロサンゼルスでデビューし、その後、何千もの映画館、ホームシアター、そして車にも導入されています。

現在、アップルミュージック以外でドルビーアトモスに対応している音楽ストリーミングサービスは、アマゾン・ミュージック・アンリミテッドとTIDALのみで、後者はすでにテスラの車両でハイファイサウンドで利用できるようになっています。

このレポートには、Dolby Atmosがアップルミュージックと同時に展開されるかどうかは書かれておらず、ホリデーアップデートに含まれる場合は、これまでの特別アップデートの展開状況から、(北米では)クリスマス当日の1〜2日前に展開されると思われます。

もしそうなったとしても、テスラがDolby Atmosをサポートする最初の自動車メーカーになるわけではありません。昨年はルーシッドが自社車に搭載し、ボルボとメルセデス・ベンツもすでに一部の車に搭載しており、今後さらに追加する予定とされています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました