テスラ、EV充電用コネクタのデザインを世界に公開

tesla-charging-connector TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラは、EV充電コネクタの設計を世界に公開し、充電ネットワーク事業者と他の電気自動車メーカーにテスラの充電コネクタと充電ポートの使用を自社のブログで呼びかけました。

テスラは、このコネクタは北米で最も実績があり、AC充電と最大1MWのDC充電を1つのパッケージで提供すると述べています。

「可動部がなく、CCS(Combined Charging System)コネクタの半分の大きさで、2倍のパワーを発揮します。テスラは、持続可能なエネルギーへの世界の移行を加速するというミッションの一環として、この設計を他の自動車メーカーと充電ネットワーク事業者の双方が自由に利用できるようにする予定です。」

テスラは、そのコネクタとポートの名称を北米充電規格(NACS)に改名し、北米で最も普及した一般的な充電規格であるとしています。

Credit:Tesla

テスラのオーナーは間もなく、アダプターなしで他の充電ネットワークで自分の車を充電できるようになります。テスラは、ネットワーク事業者が自社の充電器にNACSを取り入れる計画を持っていることを公表しました。

「我々は、将来の電気自動車がNACSの設計を取り入れ、テスラの北米スーパーチャージングとデスティネーションチャージングネットワークで充電することを楽しみにしています」とテスラは述べています。

テスラはまた、設計と仕様のファイルを希望者に公開し、充電コネクタを公的規格として体系化する作業も行っていると述べています。ファイルには、技術仕様書、AC/DCピン共有、DCおよびACコネクタのデータシート、そして3つのCADファイルが含まれています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました