テスラの利幅はEVメーカーで最も高く、価格を武器にしやすい:ドイツ銀行

tesla-new-color-red-01 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

ドイツ銀行は、中国での自動車の値下げに対する懸念などの影響で、最近の株価下落にもかかわらず、テスラに対して強気な見方をしています。しかし、同社は電気自動車メーカーの中で最も利幅が大きいため、価格設定を武器として利用しやすいと同社はレポートしています。

最近、中国でのモデル3およびモデルYの値下げに関するニュースは、一部の投資家やアナリストの間で波紋を呼んでいます。その理由は様々だが、同社には様々なアクションを起こす余地があることを忘れてはいけません。

今回の値下げは一部のアナリストにとっては予想外ではなく、投資家にとってもさほど驚きではないはずだが、そのタイミングが予想より少し早かったようです。しかし、この出来事をネガティブにとらえる理由はありません。ドイツ銀行は、ギガファクトリー上海が年間100万台以上の生産能力を持つようになったため、中国での価格引き下げがテスラの受注を押し上げるはずだと考えています。

tesla-shop-Sales_02
Credit:Tesla

ドイツ銀行のアナリストはレポートに以下のように記しています。

「テスラの値下げについて、我々は最近の議論から、この動きが大きな驚きであるとは見ておらず、テスラがEVメーカーの中で最も高いマージンを持ち、価格設定をテコに最も余裕を持たせていることを知っています。テスラは、マクロ的な市場の弱さと、ローカル市場における中国メーカーとの競争激化に直面していると思われます。もちろん、テスラは景気後退から免れることはできないが、テスラの成長性と大きなマージンは、自由に使える様々な武器と考えると、世界的な景気後退の中で他の業界よりもはるかに弾力性があると我々は考えているのです。」

しかし、中国の景気後退に近い状況から、同国の短期的な構造は依然として厳しいものの、ドイツ銀行は、テスラが値下げをしても、2023年に力強い成長と収益性を実現するのに最適な位置にいると考えています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日随時アップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました