テスラ、2022年第3四半期の納車台数期待外れでもモルガン、USBとも買い推奨継続

tsla-2022-10-05 TESLA News
https://finviz.com/
スポンサーリンク

先日の2022年第3四半期納車台数がウォール街のアナリスト予想に届かなかったことから、テスラ株は市場全体が上昇する中、大幅な逆行安となりました。とはいえ、モルガン・スタンレー証券、UBS証券とも買い推奨を継続しているようです。

stock-market-01

モルガン・スタンレーは強気の姿勢を維持

テスラ(NASDAQ: TSLA)の2022年Q3納車台数がアナリスト予想を10%下回ったにもかかわらず、モルガン・スタンレーは楽観的な見方を続けているようです。同社は「オーバーウェイト」レーティングと目標株価383ドルを改めて表明しました。

investing.comによると、モルガン・スタンレーは、テスラの2022年第3四半期の納車台数報告が予想を下回った後も、テスラのオーバーウェイト格付けと383ドルの目標株価を再決定しました。過去四半期の納車台数はコンセンサス予想から5%、モルガンスタンレー予想から10%も低下しています。同社は、22,093台の車両がまだ納品途上にあり、四半期末に当たる物流のピーク週には輸送能力と妥当なコストを維持できないため、予定通りに顧客に納車できなかったと述べています。

モルガン・スタンレーのレポートには以下のように記されています。

「テスラが今後の4Qに年間の不足分を完全に補うことはできそうにありません。またmほとんどサプライズの無かったAIデーイベントでしたが、とはいえ株価は最近の相対的な強さを取り戻すと予想されます。」

第3四半期のテスラの納車台数は、コンセンサス予想の36万2733台に対し、34万3830台でした。約2万台の納車台数不足は約10億ドルの収益不足に相当し、モルガン・スタンレーの推定によれば、コンセンサスと比較して約3億ドルの粗利を失ったことになるようです。

モルガン・スタンレーは、テスラ製品に対する需要が供給を上回っていると引き続き考えていますが、テスラが需要を損なわずに値上げを続けるには限界があることも承知しています。同社は、近々発表されるマスタープラン第3弾で、製造工程とサプライチェーンの問題に直接取り組み、グローバル化が進む世界において、同社の運命をよりよくコントロールできるようになると予想しています。

UBSも「買い」を再表明

UBSはテスラの2022年Q3納車報告と人工知能イベント「AIデー2022」を受けて「買い」を再表明しました。納車台数は予想を下回っているのですが、生産台数は予想通りで、FSD(Full Self-Driving:完全自動運転)の開発は継続的に進展していると見ており、今のところヒト型ロボット「オプティマス」には大きな期待を寄せていない、とのことです。

UBSのアナリストは顧客向けレポートで、テスラの2022年第3四半期の生産・納車報告と、加えて、AIデーとそこで発表された最新情報について言及しました。これらの新たな情報を踏まえ、同社はテスラ株に対して「強気」を維持し、株式の「買い」格付けと目標株価367ドルを改めて表明しています。

テスラは第3四半期に34万3830台(モデル3およびYが32万5125台、モデルS/Xが1万8672台)を出荷し、コンセンサス(36万4000台)およびUBS予想(36万5000台)にとどきませんでした。ただし、生産台数は365,923台と、計画通りであったと同社は報告しています。テスラはプレスリリースで、「当社の生産台数が増え続ける中、物流のピークとなる週に車両輸送能力を確保し、妥当なコストで輸送することがますます困難になっている」と説明しています。2022年第3四半期には、毎週のより均等な地域別車両構成への移行を開始したため、四半期末に輸送中の車両が増加したとのことです。

同社は、テスラがよりバランスの取れた市場に対してより良い位置にいると考えており、成長する生産能力を十分に活用するために、戦術的な価格行動を期待するとしています。
アナリストは、「自動車粗利率が~30%であるテスラは、強力なマージンを守り、さらなる規模の経済を生み出しながら、必要に応じて価格を値下げすることができる他のメーカーよりも良い立場にあると考える。」と述べています。2022年3Qにおける納車台数不足は、テスラが高い納車評価でUBSが予想した自動車関連の総利益率(クレジットを除く)30%を下回るままであることを意味する可能性があります。

また、アナリストは、9月30日に開催されたテスラAIデーについても話題にしています。同社はヒト型ロボット「オプティマス」のプロトタイプを公開し、ステージ上を歩いたり、腕を振ったりすることができました。テスラは、このロボットが工場現場やオフィススペースで簡単な作業を行う動画を上映し、最終的なデザインも披露されたが、まだ完全には機能していないようです。イーロン・マスク氏は、このロボットが2027年以前に、2万ドルを下回る価格で発売されることを期待していることを表明しています。

UBSによると、AIデーではFSDに関する情報が重要だったとのことです。テスラは現在、16万人のFSDベータ版テスターを抱え、2022年末までにすべてのFSD購入者/加入者に展開する予定ですが、の規制には異なる時間がかかる可能性があり、ソフトウェアの世界展開はこれに直接左右されると警告しました。

UBSのアナリストは、ロボットの進捗と時期についてあまり大きな期待を抱いていなかったため、”インラインイベント “と考えたという。彼らにとって重要なのはFSDの進捗状況であり、予想外のマイルストーンが発表されていないにもかかわらず、それは “継続的 “であるようだ。テスラの不安定な時間軸に懐疑的な人は、それを見て初めて信じるだろうが、これは同社にとって心強いことのように思える。

この記事はこのサイトこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました