テスラ完全自動運転FSDベータ版、年内に全世界展開へ

fsd-beta-si-day-2022 TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

今年で2回目となる人工知能イベントテスラAIデー2022に関する注目の的は、テスラのヒト型ロボット「オプティマス」でしたが、テスラはこのイベントの中で、最も野心的な試みの1つである「FSDベータ版」についても語りました。そしてマスク氏の見積もりでは、FSDベータ版は年末までに、より多くの地域に拡大する準備が整うはずだということです。

FSDベータ版が適用されている車両は大きく拡大し、AIデー2022の中でテスラは、現在約16万人の顧客がプログラムに参加していることを明らかにしました。これは、業界トップのウェイモなど他の自動運転試験中の企業が現在1000台未満しか運用していないと推定されることを考えると、特に印象的な数字です。

Tesla-Fsd-labeling
Credit:Tesla

イーロン・マスク氏は、AIデー2022の中で、技術的な観点からFSDベータ版は年内に世界展開の準備が整うはずだと指摘しました。しかしCEOは、多くの国にとって、このようなプログラムの展開には規制当局の承認が必要である可能性が高いことも指摘し、そのため、FSDベータ版のリリースが遅れる国も出てくる可能性があります。

なお、マスク氏は2022年末までのFSDベータ版の世界展開について具体的に言及しました。CEOは、完全自動運転スイートと、都心部での運転などそのすべての高度な機能が世界的に展開されるとは明言しませんでした。マスク氏は、テスラが年末までにFSDベータ版のテスターを世界中の電気自動車所有者に拡大すると発表しただけなのです。

テスラオーナーは、FSDベータ版の性能に過度に期待するのは危険です。都心部の道路を見事に走破するシステムだけに、まだまだ改善すべき点は多いのが現実です。しかし、世界中の実走行データがあれば、テスラはこれまでよりもずっと速いペースでFSDベータ版を改良していくことができるだろう。

テスラのAIデー2022のプレゼンは、以下の動画でご覧ください。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました