テスラ完全自動運転FSDベータ版10.69の初運転は失敗

fsd-beta-10.62.2 TESLA News
https://youtu.be/dS_t22yV9r0
スポンサーリンク

テスラ完全自動運転FSDベータ版10.69.2の初試乗を行いましたが、残念ながら失敗におわりました。

今週、テスラはFSDベータ版10.69.2のプッシュを開始し、これは、テスラが北米の10万人のFSDベータ版テスター全員にプッシュするのに十分と考える、大型FSDベータ版アップデート10.69を改良したバージョンです。

FSDベータ版は、テスラ車がカーナビゲーションシステムに入力された目的地まで自律的に走行することを可能にしますが、ドライバーは常に警戒し、制御する準備を整えておく必要があります。

この運転中の事故はテスラのシステムではなく、ドライバーに責任があるため、名称はともかく、レベル2の運転支援システムとして位置づけられているものです。テスラは基本的に、顧客の車両を顧客に使ってもらって機能をテストし、データを収集し、最終的にシステムを真の自動運転にして責任を持つという目標に向かって進んでいるのです。

私はモデル3にFSDベータ版を搭載していますが、8月に行った前回のテストは超成功とは言えなかったので、今週初めに車に乗ったときにアップデートを試すのを楽しみにしていました。

テスラのFSDベータ版10.69.2 は、ここ数カ月で最大の FSD ベータ版ソフトウェア アップデートで、システムを駆動するすべてのニューラルネットに大幅な変更が加えられています。このアップデートでは、無防備な左折に明確な焦点が当てられているようです。

昨日、私はカナダケベック州シャウィニガンでこのアップデートをテストし、テスラ FSD ベータ 10.69 での最初のドライブを示す簡単なビデオを作成しました。

動画にあるように、田舎道と住宅街でこのソフトウェアアップデートのテストを行いました。街中でもテストするつもりでしたが、残念ながらその前にテストが失敗してしまいました。

最初は停車中の完璧な右折から始まりましたが、これは左から来る車を確認するために少し前に忍び寄る必要があるため、少し難しいかもしれません。

2回目も右折でしたが、今度は四方停車での右折です。かなり良かったのですが、車両はなぜか曲がるときにバイクのライン上に少し乗り出す結果になりました。

その後、下り坂になった。工事現場や封鎖された道路にぶつかったのは事実ですが、かなりシンプルなナビゲーションでしたし、封鎖された道路を検知することが優先されるべきな気がします。

最初、道路の反対側に車線にはみ出した障害物があり、それに近づいてもFSDベータ版がそれを見ているようには見えませんでした。衝突まで1秒を切ったあたりでコントロールを要求されましたが、実際には離脱することなく回避してくれました。

四差路で左折するとき、FSDベータ版が場所を取らず、後から来たピックアップトラックを待っていたので、アクセルを踏んでFSDベータ版に「先に行け」と伝えなければならなかったのです。

それはファーストドライバーの介入であって、システムの解除ではありません。

しかし、その時間はそう長くはかからなかった。1秒後に封鎖された道路に遭遇したのですが、FSDベータ版はバリアを検知したように見えたものの、私がブレーキを踏む前にその周囲を走ることにしたのです。

エッジケースであり、それをナビゲートする優先順位は高くないはずだと思う人もいるでしょうが、ブロックされた道路標識を避けて走行しないことは、かなり重要だと思います。

テスラFSDベータ版ではナビゲーションシステムを使っているので、道路が封鎖されていることを検知して、そこを通ろうとするのではなく、迂回路を探すことはかなり簡単だと思います。

今週末に追加テストを行い、うまくいけば離脱せずに運転できるかもしれませんが、テスラ完全自動運転FSDベータ10.69の初テストドライブとしては失敗という結果です。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました