テスラ ギガ・ベルリン、2023年第1四半期までに週5千台の販売を目指す

giga-belrin01 TESLA News
スポンサーリンク

テスラの欧州初の巨大工場ギガファクトリー・ベルリンは、2023年第1四半期までに週当たり5,000台の生産を目指すとのことです。テスラは9月11日(日)、ドイツベルリン、グリューンハイデで公開イベントを開催し、このことに言及しました。

この日曜日のイベントでは、テスラ社は地元の従業員に対して、ギガファクトリー・ベルリンの水の使用量や工場の環境や水資源保護について説明しました。また、工場の道路・鉄道インフラ、森林保護、バッテリーセル生産、ギガ・ベルリンでの研修・研究についての情報も提供されました。

giga-berlin-elon-model-y
Credit:Tesla

テスラは、ギガ・ベルリンの生産増強が「非常に順調」であることも一緒に伝えました。今年6月、テスラはギガ・ベルリンが1週間で1,000台のモデルYを生産したと発表しましたが、ドイツ通信社(DPA)によると、テスラ・ギガ・ベルリンは来年初めまでに週産5,000台に達することを目指しているとのことです。

ギガ・ベルリンでの水資源消費量

テスラは、ギガファクトリー・ベルリンの水の消費量をさらに削減したいと考えています。特に、真水の消費量を減らすことに重点を置いているとのことで、現在、ギガ・ベルリンではモデルY生産1台あたり約2.2立方メートルの真水を消費しています。この水の消費量は、テスラがドイツで計画している自社製バッテリー生産ラインの消費量をすでに上回っています。

テスラは、自動車業界の平均的な真水消費量は自動車生産1台当たり約4立方メートルであると述べています。ACEAによると、EUの自動車生産における水の消費量は、2006年以降30.5%減少し、2022年7月現在、各自動車メーカーは1台あたり3.76立方メートルの水を使用しているとのことです。

「ギガ・トランスポーテーション」

テスラは、ギガファクトリー・ベルリンへの通勤を従業員が利用しやすいものにするために努力しています。年初には、アークナーとギガファクトリー・ベルリンの敷地の南にある新しい駅との間で、従業員向けのシャトルトレインを運行する計画を公表しました。

テスラのギガフェスでは、イーロン・マスクCEOがこの駅について少し言及しています。

「そして、ベルリンまでは電車で30分です。私たちは実際に駅を作るつもりで、そこでは文字通り、自動車会社としては皮肉なことに、電車に乗ればいいんです。もちろん車でも行けます、それもいい感じです。」

日曜日の公開イベントで、テスラはギガ・ベルリンへの鉄道シャトルを2023年春にオープンできると発表しました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました