テスラ、欧州でモデルS、モデルXの最高充電速度をアップ

model-x-charging-speed-01 TESLA News
Credit:TTF
スポンサーリンク

テスラは、ソフトウェア・アップデートの中に、リリース・ノートに記載されていない、隠れた良い点を含んでいることがよくあります。これらはマイナーアップデートであることもありますが、オーナーにとって「テスラ体験」の向上となることもあります。

テスラは、最新の2022.24シリーズのソフトウェア・アップデートで、まさにそれを行い、欧州のモデルSとモデルXのオーナーに嬉しい特典を盛り込みました。

最新の2022.24ソフトウェアブランチにアップデートした複数のオーナーによると、スーパーチャージャーの最大速度が30%も向上したとのことです。以前のモデルS/Xの所有者は、CCSアダプタを使用して140kW前後の最大充電速度しか達成できませんでした。

Credit:TTF

上の写真は、TFFフォーラムで共有された、モデルX 100Dの182kWでのスーパーチャージャーでの充電の様子です。このオーナーだけでなく、他の何人かもアップデートしてスーパーチャージャーに接続した後、同様の経験を報告しています。

Credit:TTF

テスラは以前、ノルウェーで旧型車の充電速度を遅くしているとして有罪判決を受けたことがあります。テスラは、2019年の無線(OTA)ソフトウェアアップデートにより、2013~2015年のモデルSの充電速度を意図的に下げたとして訴えられ、その際、テスラは、この対応は車の寿命を延ばすために行われたと述べています。

裁判所は、テスラが影響を受けた所有者にそれぞれ13万ノルウェークローネを支払うべきとの判決を下しましたが、テスラはこの判決を不服として控訴しています。

テスラは米国で同様の裁判に直面しましたが、影響を受けた各オーナーが625ドルを受け取ることで示談が成立しました。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました