テスラ、新しい広角リピーターカメラに切り替えか?

tesla-side-repeater-camera TESLA News
https://youtu.be/vF6bpZF09dg
スポンサーリンク

テスラは完全自動運転(FSD:Full Self-Driving)を展開し続け、またFSDのコストを引き上げています。このシステムは何百万マイルもの距離を記録し、イーロン・マスク氏が運転をより安全にし、怪我を防ぎ、命を救うための探求を続けながら、常に改良を続けています。しかし、私たちが知っている交通に革命を起こす可能性を秘めたこのプログラムには、まだ多くの懐疑論者が存在します。

テスラの最も著名な支持者の中には、非常に厳しい批判者もいますが、マスク氏は8月のテスラ株主総会で「率直な評価を歓迎する」と述べています。サイバーオーナーズのYouTubeチャンネルでは、真実味のある、よく説明された評価が紹介されています。サイバーオーナーズのマイク・ホフマン氏は、テスラの周囲を確認して安全に航行する能力の最も大きな問題の一つを実演し、明確に説明しています。ブラインドコーナーに関してです。

クルマを運転していると、こんな場面に出くわすことがあります。視界を遮るものがあって、ハンドルから身を乗り出しながら、ゆっくり前進して安全かどうかを確認しなければならないような左右が死角になるような場面です。ホフマン氏が示すように、現在のカメラ設定では検出できない領域が大きいのです。しかし、これには解決策はあります。多額の費用がかかるものもあれば、簡単なカメラの交換で済むものもあります。

ホフマン氏は、テスラがすでに新しいリピーターカメラをテストしている可能性があると考えているようです。リピーターカメラは、一般的にはブラインドスポットカメラとして知られており、フロントフェンダーに設置されています。これら左右のカメラは、車両の側面と背面の映像を撮影します。しかし、テスラのオートパイロット・プログラム担当ディレクターであるアショク・エルスワミ氏が投稿した動画(下)で、ホフマンは何か違うことに気づきました。

このプログラムは、現在のカメラビューよりもさらに前方にあるリピーターカメラからデータを収集しているようです。また、エルスワミ氏が示す映像は、Bピラー(フロントドアとリアドアの間にあるもの)からの映像ではないかという憶測もあります。一方でホフマン氏は、このカメラはもっと前方を見ていると言い、新しいリピーターカメラが使われていると確信しています。

この死角のジレンマに対する代替案としては、フロントバンパーとフォグランプにカメラを追加する方法や、Bピラーのカメラをサイドミラーハウジングに移動させる方法があります。しかし、この場合、新しいカメラと配線が必要になり、コンピューターがより多くのビデオストリームを分析しなければならなくなります。この措置はテスラにとってかなりのコストとなるため、ホフマン氏はカメラの交換の方がはるかに実現性が高いと見ています。

ホフマン氏の言うとおりかもしれません。テスラがリピーターカメラを変更するのは、これが初めてではないようで、2021年のソフトウェアアップデートでブラインドスポット機能が搭載されたとき、一部のユーザーはリピーターカメラにまぶしさがあり、あまり役に立たないことを発見し、テスラはそれらのカメラを無償ですぐさま交換しました。

テスラのカメラのほとんどは、すぐに交換できるように作られています。リピーターカメラやBピラーカメラは、5分以内に交換することができます。とはいえ、この変更にはテスラが数百万台のカメラを交換しなければならない可能性があります。決して安い解決策ではありませんが、技術の最先端を行くシステムの別の側面を改善するには、おそらく最適な方法なのでしょう。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・抜粋・編集して作成しています。

テスラ関連の最新ニュースをほぼ毎日アップしていますのでこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする

※免責事項:この記事はテクノロジーの動向を紹介するものであり、投資勧誘や法律の助言などではありません。掲載情報によって起きた直接的及び間接的損害に関して、筆者・編集者・運営者は責任を負いません。また、運営者はテスラ株式のホルダーです。

タイトルとURLをコピーしました