テスラの自動運転FSDベータ版は子供サイズのダミーテストをクリア

TESLA News
スポンサーリンク

FSDベータ版のテスラモデル3は、ザ・ドーン・プロジェクトのテストでは子供サイズのダミーにぶつかりましたが、多数のテスラオーナーが詳しく調べたところ、この結果は完全に捏造であることが確認されました。

数日前、多くの著名なメディアが、FSDベータ版のテスラモデル3は道路上の子供を検知できず、轢いてしまう可能性があるという記事を掲載しました。この記事は、いわゆる「テスト」と言っていますが、実際にはこれは「広告」であり、FSD技術に対して非常に懐疑的な人物が実施したものでした。この記事が掲載された後、数々のジャーナリストたちはこの結果を信用するかどうかを考えようともせずに結果を鵜呑みにしたことが明らかになりました。このことは、彼らの仕事に対する怠慢な態度、真実ではなくクリック数を追求する姿勢を再び浮き彫りにしたといえます。

多くのテスラFSDベータテスターは、FSDが「子供」では止まらないという主張を否定しています。

今回この捏造を実施したザ・ドーン・プロジェクトの創設者であるダン・オダウド氏は、テスラのFSDは「すべてのアメリカ人にとって致命的な脅威である」と述べています。 今年初め、オダウド氏はニューヨーク・タイムズに全面広告を掲載し、テスラのFSDを禁止するようキャンペーンを展開することまでしました。さらに彼は、カリフォルニア州の上院議員にも立候補し、テスラのFSDを禁止することが彼の選挙公約だったのです。

ただ、この映像を詳しく分析してみると、本来FSDベータが機能している時に表示する進路を表示する「青い線」がなく通常の「灰色」である点や、FSDが機能している場合に表示されるホイールアイコンが非表示のままなので、FSDが作動していないのは明白です。

テスラのFSDベータは子供に衝突する?

多くのテスラオーナーやFSDベータテスターが反対しているだけでなく、独自のテストを行うことにした人もいます。ツイッターで@WholeMarsBlogは、テスラのFSDベータが歩行者や子どもに反応した多くの事例をまとめたスレッドを公開しました。彼は、誤った情報を広めることは、シートベルトを着用しないようにという広告を流すことと似ていると指摘しています。

「FSDベータ版のテストが始まる前からテスラを所有し、さらに何年もボルボを所有していましたが、ボルボのパイロット・アシスト・プログラムはテスラのベーシックなオートパイロットのようなものです。しかし、その進化を実感することはできませんでした。私は家族を持っており、子供たちに最も安全な車に乗って欲しいと思っていて、それが私たちがボルボを手放した理由です。」

テスラドライバー2022は、テスラのビデオを見て、最終的にはテスラに乗り換えたと教えてくれました。パートナーもモデルYおよびモデル3に乗っているそうです。

「テスラの技術の可能性にとても興味を持ち、車を買い替える時になって、家族にとって一番安全な車だと思ったので、2人ともテスラを買いました。」

ボルボのパイロットアシストで何年も運転してきた@TeslaDriver2022は、テスラのFSDベータが改善され続けていると語っています。

「FSDベータは、私が使っているときから、指数関数的に良くなっているんだ。予測や、進路を妨害するものを理解する機能などです。そればかりではありません。最も印象的なのは、私が時速45マイルで道路を走っているときに、駐車場に入るために私の前を曲がっていく車があるような時、そのクルマが間に合うかどうか、減速する必要があるかどうかを判断する能力です。とても人間に近くなってきているのです。」

テスラFSDベータテストを「子供」で実施

私は@TeslaDriver2022に、オダウド氏の広告の何がきっかけで、彼ら自身が「子供」を使ってテスラFSDのベータテストを行うようになったのかを尋ねました。 @TeslaDriver2022は、その広告が「単に事実と違うだけ」だと思ったと教えてくれました。

「あのCMは100%、私がテスラを運転した時の体験ではありません。昨日の仕事帰りにニュースで彼の広告を見て、『なんだこれは!』と思ったんだ。正直に言うと、あれが出るまで彼のことをあまり知らなかったんだ。その後、ソファに座って広告を見ながら、本当に悩んでいたんだ。」

「FSDベータを使って、いつも子どもを乗せて運転しているんです。その安全性を実感しています。世の中にあるどんなクルマよりも安全だとさえ思っています。パートナーと話していて、冗談で『これからガレージに行って、うちのAmazonの箱を1つ取ってきて、段ボールの『子供』を切り抜いて、うちの子供の上着を1つ載せてテストをやってみるよ』と言っていたんだ。」

@TeslaDriver2022のパートナーはこれを素晴らしいと思い、彼らはすぐにテストを実行しました。彼らは複数のテストを実行し、それをツイートした後、さまざまなTwitterユーザーから、他のバリエーションのテストを実行してほしいというフィードバックを受けました。

当初、8回ほどテストをしたのですが、どのテストでも、段ボールの「子供」を避けて車が通ることが予測できたんです。危ういということもありませんでした。毎回、子供の大きさの物体の周りを通ったんです。」

Twitterユーザーが提案したテストを行った後、@TeslaDriver2022は、その結果の中で最も印象的だったということを記録しました。

「近所の人に来てもらって、他の動画も何本か撮ってみました。一つはもっと右側で、「子供」が通りを渡っているもの、そして隣人がそれを打ち出しただけのもので、打ち出されたものは、テスラが持つAIを多く示しているので、もう少し印象的だったと思います。」

最後のテストのセットでは、段ボールの「子供」の打ち出しは、子供が対向車の前に飛び出すという、あまりにも一般的なシナリオをシミュレートしています。テスラのAIは何が起こっているかを見分け、対象物にぶつかるのを避けることができたという事実がそれを物語っています。

「他の多くのクルマがこうのような機能を備えているとは限りません。そしてテスラが常にアップデートし、より良いものにしていることが、本当に印象的な点です。」

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました