イーロン・マスク氏、株主総会後にテスラ株790万株売却

cyber-rodeo-elon-musk TESLA News
Credit:Tesla
スポンサーリンク

テスラ社のイーロン・マスクCEOは、最近売却した株は、ツイッター社が440億ドルの取引を強行した場合に備えてのものだとツイートしました。彼はとりあえずTSLA株の売却を終え、ツイッター社との取引が成立しない場合は再びテスラ株を購入する予定です。

ソーヤー・メリット
速報:イーロンは今夜、米国証券取引委員会に合計6つの様式4を提出し、約69億ドル相当の790万株のTSLA株を売却したことを明らかにしました。
加重平均売却価格は869.09ドルです。
この売却は8月5日、8日、9日に行われました。

イーロン・マスクCEO
そうです。
ツイッターがこの取引を強行し、そしていくつかの外部投資家から資金調達が出来ないという(願わくば起こって欲しくない)事態の際に、テスラの株の緊急売却を避けることが重要なのです。

最近公開された一連の米国証券取引委員会の提出書類から、イーロン・マスクCEOは8月4日の2022年年次株主総会「サイバーラウンドアップ」の後、約69億ドル相当のテスラ(TSLA)株を約790万株売却したことが明らかになりました。マスク氏が最近提出した様式4は、2022年8月5日から8月9日の間に6つの取引に分かれています。

テスラの株主は2022年の年次株主総会で3対1の株式分割を承認したので、同社は、8月24日の取引終了後に株式配当の形で3:1の株式分割を実施すると発表し、8月25日からは新たに株式分割調整後の取引開始となる模様です。

イーロン・マスクCEOは4月にもTSLA株を約40億ドル相当売却しており、その頃、テスラのCEOは、440億ドルでのツイッター社買収の取引で自分の分を賄うためにテスラ株を売却することを明らかにしていました。

「ツイッターに対する210億ドルのエクイティファイナンスは、このファイナンスの中核担保として保有され、実際には取引で売却されない可能性が高いにもかかわらず、マスク氏のテスラ所有権の一部が今後1年間で売却される結果となります。これがテスラ株がオーバーハングして価格下落している理由です。」と、当時ウェドブッシュ証券のアナリスト、ダン・アイヴス氏は説明していました。

現在、ツイッター社とイーロン・マスク氏は、互いに訴訟を起こしています。マスク氏は440億ドルでの買収を、ツイッター社のニセアカウント数見積もりを巡って打ち切ることにしましたが、ツイッター社はマスク氏に約440億ドルでの買収を確定させるよう求めています。

今週初め、イーロン・マスク氏は、1株あたり54.20ドルであればツイッター買収を完了する意思が残っていると表明しました。彼の唯一の条件は、ツイッターのアカウントのサンプリング方法と、本物かどうかの確認方法を明かすことだ、としています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

 グーグルニュースでフォローする
タイトルとURLをコピーしました