テスラ、3:1の株式分割の実施日を発表

stock-market-01 TESLA News
スポンサーリンク

テスラ(NASDAQ: TSLA)は、2022年8月24日の取引終了後、3対1の株式分割を実施すると発表しました。株式分割調整後の取引は8月25日に開始されます。

「テスラは、従業員や投資家がより身近に株式を所有できるよう、株式配当の形でテスラの普通株式を3対1に分割することを取締役会で承認・宣言したと発表しました。2022年8月17日現在の株主名簿に記載された各株主には、その時点で保有している株式1株につき2株の普通株式が追加で配当され、2022年8月24日の取引終了後に分配される予定です。株式分割調整後の取引は2022年8月25日に開始されます」とプレスリリースで発表しています。

2022年6月10日、テスラは米国証券取引委員会に14Aを提出し、提案の1つとして3対1の割合で株式を分割することを決議しました。これは、2020年8月に5対1の株式分割を完了したテスラにとって、過去2年間で2度目の株式分割となります。

昨夜行われた同社の「サイバーラウンドアップ」と称する年次株主総会で、テスラの株主は3対1の分割を求める同社の動議を承認する投票を行いました。

この結果、株式数は3倍となり、株価は3分の1に調整されることになります。株式分割自体によってテスラの企業としての評価は変わりませんが、1株が安くなるため個人投資家がより多くの株式を購入できるようになります。

テスラの以前の2020年の株式分割では、442.68ドルから株式分割を考慮しないと、その株価は5倍の2,213.40ドルになてっています。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました