トヨタ初の本格EV「bZ4X」、リコールが上手くいかず買い戻し対応へ…

toyota-1 TESLA News
https://www.bloomberg.co.jp/
スポンサーリンク

トヨタはbZ4Xの所有者に手紙を送り、同社にとって最初の本格的な電気自動車で(文字通り)車を走行させることにリスクがあるとして、車両の貸し出しとインセンティブパッケージまたは完全な買い戻し、のどちらかの選択肢を提供し選択を迫っている状況のようです。

注目すべきは、このBEVの電気駆動システムはリコールの影響を受けていないことで、バッテリーと駆動モーターは全く問題なく作動しているということです。

トヨタは6月下旬にbZ4Xのリコールを発表し、この新しいEVの車輪が落ちる可能性を引き合いに出して. 生産されたすべてのbZ4Xにこのリコールが適用されました。ただし、このリコールは車の販売開始直後に起こったので、対象は2,700台とまだ比較的小さなリコールです。

今、bZ4Xのオーナーたちはトヨタ社から、このリコールのトラブルと引き換えにトヨタが提供するものの詳細を記した手紙を受け取っており、その内容を考えると、今回のリコールが上手くいってないと思われます。

今回の手紙の文面は以下の通りです。

先日、2023年式トヨタbZ4Xに関する安全リコールについてお知らせしましたが、引き続き、改善策が出るまで当該車両を運転しないようにお願いいたします。私たちは改善策に真摯に取り組んでおり、改善策が確定し次第、今後お知らせする予定です。
トヨタ自動車では、お客様の安全を第一に考えています。まだの方は、トヨタ正規販売店にご連絡いただければ、改善策が出るまでの間、無償で車両の引き取りと保管の手配をさせていただきます。また、代車も無償でご用意いたします。
私たちは、お客様の体験を重視しており、今回の事態がもたらす不都合を認識しています。そのため、トヨタは、改善策が得られるまで、対象となるオーナーさまに以下を提供します。
代車の提供、および車両の保管を無償で継続する。
代車利用時に発生した給油費用の弁済する。
車両代金が全額支払われた場合、ローン/リースまたは購入価格の支払いに対して、合計5,000ドルのクレジットを提供する。
2024年12月31日まで、全国のEVgoが所有・運営する公共ステーションでの無料充電時間を延長します。
リコールにより走行不能となる期間(リコール発表日である2022年6月23日から改善策を発表する将来の日付まで)に基づき、車両の新車限定保証の延長を提供する。
または、お客様が上記の手続きを希望されない場合、トヨタはお客様の車両の買い戻しを提案します。買い戻しの条件は、お住まいの州や特定の状況によって異なる場合があります。
bZ4Xのスペシャリストが数日中にご連絡を差し上げ、これらのオプションについてご相談させていただきます。なお、お急ぎの場合は、1-800-331-4331(月~金:午前8時~午後8時、土:午前9時~午後7時)までご連絡ください。
この度はご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
米国トヨタ自動車販売株式会社

トヨタ自動車は、この問題に対する改善策をまだ見つけておらず、いつになるかの見通しも立っていないこと、そして、いくつかのインセンティブ(燃料費補償付き代車、5000ドルのクレジット、無料充電と保証の延長)または車両の完全買い戻しの選択肢を提供しています。このリコールは、bZ4Xの姉妹車であるスバル・ソルテラにも適用されますが、いずれも米国のオーナーの手元にはまだ届いていないようです。

Toyota-BZ4X-Hero
https://www.bloomberg.co.jp/

今回のリコールでも多くの人は、トヨタが年間約1000万台の車を生産してきた長い歴史から、比較的簡単に解決策を見つけるだろうと考えていました。また、ネット上では、一部のオーナーがトヨタと交渉し、購入時に支払ったディーラーのマージンの一部を回収するなど、さらなる配慮を求めたという報告もあります。

今回のリコールと買い戻しの申し出は、新車のオーナーが買い替えの選択肢をあまり持っていない時期に行われました。EVの需要は高く、供給は少ないため、どこも在庫が少なく、ディーラーのマージンが高く設定されています。また、コロナの大流行が世界の自動車供給に影響を与え続けているため、中古車や新車のガソリン車も高値で取引されています。だから、このリコール騒動に振り回されたbZ4Xのオーナーも、少なくとも部分的には、他の交換用オプションが入手できないために、代車提供を選択するかもしれません。

そして、既に車を注文している人は注文をキャンセルし、タイトな市場で別の車を見つけようとするか、注文を維持しおそらく1年間のEV注文の列に戻って修理する必要がないクルマを希望するかどうか、手詰まりの状況になることが考えられます。

私は先日bZ4Xを運転しました。しかしこれは、数ブロックの非常に短いドライブ.で、特に変なことはありませんでした。しかしbZ4XはEVに慣れたドライバーには少し刺激が無かった感想です。ガソリン車よりも優れているEVの利点はたくさんありますが、より成熟した第2世代、第3世代の取り組みから見られるような洗練された部分が皆無でした。しかし、トヨタのオーナーは、必ずしも感動的・刺激的なものを求めているわけではありません。ただ、A地点からB地点までリーズナブルな価格で移動できる、信頼性の高いクルマが欲しいのです。もちろん車輪が落ちることなく。

この10年半、電気自動車を所有するようになって、よく耳にするようになったのが、「大手自動車メーカーが電気自動車に参入したら、その優れた品質と製造能力で新興企業を簡単につぶしてしまうだろう」という言葉です。その時、業界の現状がどうであったかに関わらず、何度も何度も聞いた話です。そして、世界最大の自動車メーカーであり、品質に関して最も高い評価を得ているトヨタ自動車が満を持して本格的なBEVを発売しました。トヨタ自動車は、カイゼン製造哲学を世界に拡大し、業界のあらゆるメーカーに影響を与えましたが、今回の件で彼らは完全にそれを台無しにしてしまった状況なのです。

電気モーターはガスエンジンに比べてはるかに単純なため、EVパワートレインは一般的にシンプルな構造です。なぜ、これほどまでにモノづくりに精通したトヨタが、車輪という基本的なものに問題を抱え、それを解決するのにこれほどまでに時間がかかるのか非常に疑問です。トヨタは長年、EVについて他の業界よりもよく知っているかのように振る舞ってきましたが(一方でEVに対して多くの措置を講じてきました)、これはトヨタの大きな誤算であり、日に日に悪化していくばかりです。

2,700台ならまだしも、トヨタ初の本格的電気自動車でこういう事態が起こっているのです。パワートレインの問題がないとしても、これは同社のEVプログラムにとって大きな打撃であり、すでに他社から大きく遅れているレースでさらに後れを取ることになります。

今回提示された救済措置は、十分に合理的であると思われますし、少なくとも顧客に対して正しいことをしているように見えます。しかし、これらの顧客が最も望んでいるのは、おそらく買った車が普通に動くことなのです。今回の救済措置は、一時しのぎで、本格的にそれがいつ実現するのかというタイムラインも示していません。これはトヨタには他に電気自動車がないことも大きく関係していると考えられるのです(RAV4プライムプラグインハイブリッドが最も近い類似車種)。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました