テスラ、タイヤ空気圧まで考慮した航続距離推定

tesla-model-x TESLA News
スポンサーリンク

テスラはタイヤの空気圧、バッテリーの冷却と加熱などをも計算に取り入れることで、より正しい航続距離の見積もりを提供することに取り組んでいます。

自動車の航続距離の計算は、電気自動車や内燃機関といったパワートレインの種類に関係なく難しいものです。道路上での自動車の走行効率に影響を与える要因があまりにも多く、バッテリーパックやガソリンタンクが満タンの状態でどこまで走行できるかを判断するのは難しいのです。

しかし、航続距離を正しく予測することは重要なことです。正確な航続距離の予測によって、特に電気自動車の場合、航続距離不安を抑制することになるからです。

tesla-model-y-red
Credit:Tesla

テスラは長い間、効率性と航続距離の関係を研究し、電気自動車の航続距離予測をリードしてきましたが、それにもかかわらず、運転時のエネルギー消費量を予測することにはまだまだ問題があります。

ナビゲーションシステムに目的地を入力する際、テスラはドライバーに目的地における予想残存航続距離を表示しますが、実際にはほとんどの場合、その予想値よりもかなり低くなることをテスラのドライバーは知っているのです。

2018年、テスラは計算に環境要因(標高の変化、天候など)をより多く加えました。それは確かに少し助けになったのですが、それでも正確さにはほど遠い状況です。目的地を入れると、テスラのトリップアドバイザーがそこに着くまでにどれだけのエネルギーが残っているかを教えてくれるのですが、運転しているうちにエネルギー量がどんどん減っていくことはそれほど珍しい状況ではありません。

今年初め、テスラはソフトウェアアップデートで「横風、向かい風、湿度、周囲温度」による航続距離予測精度を上げる取り組みをしています。

そして今回、テスラはさらにそれを推し進め、タイヤの空気圧や携帯電話の充電など、いくつかの他の要素を航続距離の計算に追加しているようです。

この情報は、テスラのソフトウェア・アップデートの機能を、リリースノートで公式に発表される前に見つけることが多い、有名なテスラ・ハッカー「グリーン」からのものです。

(バージョン)2022.20.7では、航続距離の予測を向上させるために、非常識なほど細部にまで踏み込んでいるようです。
タイヤの空気圧も考慮されています(その他にも多くの変数が追加されています)。また、携帯電話の充電や12Vアクセサリーによるエネルギー損失、空気密度、バッテリーの熱や冷却なども考慮されています。

これらの変更は、現在、テスラが徐々に車両に展開している2022.20.7ソフトウェアアップデートの一部としてリリースされています。

これは、航続距離の予測を正確にするためのテスラの最大の努力と思われます。これらのことは、単独では大した差にならないかもしれませんが、合わせると、文字通り数パーセントの差になり、旅行の計画を立てる際に大きな違いになるかもしれません。

タイヤは空気圧が高いほど効率が良いことが知られているので、タイヤの空気圧だけでも大きな差が出るかもしれません。また、テスラがこれまでバッテリーの加熱と冷却を考慮に入れていなかったことは驚きです。極端な気温の下ではかなりのエネルギーが必要になるため、航続距離が非常に悪くなることが多いからです。テスラの冬場のひどい航続距離予測の大部分は、これだけで解決できるかもしれません。

テスラのドライバーが航続距離の見積もりをより信頼するようになれば、ドライブや長距離運転でより多くの自動車を活用できるようになるため、これは素晴らしいニュースといえます。

この記事はこのサイトを引用・翻訳・編集して作成しています。

テスラ関連の最新記事を毎日AM7:00にアップしていますので、過去のニュースはこちらを参照ください。

タイトルとURLをコピーしました